更新差分の確認と迷惑行為を行った編集者のIPを管理人に通報する機能です。通報した編集内容が同一IPのものであれば、複数件一度に通報済みとなります。
[一定件数以上の通報で管理者へメール通知されます。いたずら通報防止の為、通報者のIPも記録・送信されます。]

【ID】完全一致で検索できます。【ページ名・記事】2文字以上で部分一致で検索でき、最新の20件まで表示されます。

更新差分 [時系列]

ID:
1860530
編集日時:
2021-03-28 21:15:37
ページ名:
Comments/Wiki編集者ユーザー用掲示板Vol1
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
--①RAWの「BIOLOGICALについて」は自身で検証/確認した内容になっており、記載している3つの星に限った内容になります。現在の表示方法では、「Tipsの表面探査の場所には」が削除されてしまい、「どのBIOLOGICALでもCrystalline Shardが必ずある」のような解釈ができます。 -- &new{2021-03-28 (日) 21:15:37};
ID:
1860529
編集日時:
2021-03-28 21:15:01
ページ名:
Comments/Wiki編集者ユーザー用掲示板Vol1
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
--初回投稿より編集している者です。文言を閲覧者向けに最適化した上で投稿させていただいておりますが、編集された内容に文脈がおかし箇所がありました。 -- &new{2021-03-28 (日) 21:15:01};
ID:
1860526
編集日時:
2021-03-28 21:13:09
ページ名:
素材一覧
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
*RAW(原材料)の一覧表 [#g420f400]
|BGCOLOR(#EB5600):区分|BGCOLOR(#EB5600):グレード1|BGCOLOR(#EB5600):グレード2|BGCOLOR(#EB5600):グレード3|BGCOLOR(#EB5600):グレード4|BGCOLOR(#EB5600):⇒グレード4の主な産出地 &color(Purple){※1};|h
&color(Purple){&size(12){※1 産出地についてはあくまで参考となります。こちらに掲載されている場所以外でも出現条件が整っている惑星表面上では出現します。(収集しにくい素材は[[トレーダー>Material Trader]]を利用しましょう)};};
-&color(#3333FF){BIOLOGICAL};について
&color(#3333FF){BIOLOGICAL};にはCrystalline Shardが大量に群生しています。(1か所でMax150個まで収集可能な箇所も有)&br; Solから LHS 417(26ly) , HIP 36601(1598ly) , Outotz LS-K D8-3(1714ly) の距離にあります。&br; 収集の際は&COLOR(Red){SRVがCrystalline Shardに引っかからないように注意};し、無理せずに落ち着いて行動しましょう。&br; HIP 36601 と Outotz LS-K D8-3 を同時に周回すれば、Selenium以外の全てが収集できます。&COLOR(Orange){大量収集はこちら};。
-[[Anaconda]]等の墜落現場について
これらの墜落現場については様々な惑星地表面上にて確認されておりますが、出現場所に関してはこちらで掲載してしまうと探索の楽しみが減ってしまう恐れがありますので
(数が多すぎて掲載しきれないというのもあります)基本的にはCMDR各自でお調べいただくようにお願いいたします。
&color(Green){1か所だけでもオススメの場所を知りたい方は以下より};
(ドラッグで表示)⇒&COLOR(Black){Koli Discii C 6 A (Crashed Ship)};
-墜落現場での素材取得方法
対象BodiesをDetailed Surface Scannerでスキャンすると、Crashed ShipがNAVIGATIONタブからロックできるようになります。
着陸すると周辺に3つのCargo Rackがあり、それをSRVのタレットで破壊すると素材が1~2個ドロップします。
-素材回収の裏技
こちらに関してはゲームシステム上の仕様を利用した裏技となっております。使用する際は各CMDR方の許容できる範囲で利用しましょう。
#region("ゲーム再読み込み(リログ)による素材獲得")
素材回収後に&COLOR(Red){[EXIT TO MAIN MENU]でメインメニュに戻り};、再度ゲームを再開すると、Cargo Rackが再出現します。
これを利用して、[素材回収→メニュー戻り→再開]を繰り返し、短時間で素材を収集することができます。&COLOR(Orange){少量収集はこちら};。
*MANUFACTURED(製造品)の一覧表 [#g420f400]
|BGCOLOR(#EB5600):区分|BGCOLOR(#EB5600):グレード1|BGCOLOR(#EB5600):グレード2|BGCOLOR(#EB5600):グレード3|BGCOLOR(#EB5600):グレード4|BGCOLOR(#EB5600):グレード5|BGCOLOR(#EB5600):⇒グレード5の主な産出地 &color(Purple){※1};|h
&color(Purple){&size(12){※1 産出地についてはあくまで参考となります。(収集しにくい素材は[[トレーダー>Material Trader]]を利用しましょう) 更にこちらに記載されている「条件が重なる」星系の場合は出現する素材が変わる可能性がありますので特定の素材を狙っている場合は注意};};
&COLOR(Purple){&size(12){※2 Stateが"Boom","War","Civ War","Outbreak"の場合は出現率が下がる};};
-High Grade Emissionエリアの発見方法について
"High Grade Emission"は元々は"Unknown Signal Source"となっています。情報を更新するには、各Systemにある"Nav Beacon"に行き、&COLOR(Red){スーパークルーズを切ってから"Navigation Beacon"に接近(目安2Km以内)して、照準枠内でロック};をしてください。
一定時間が経過する(左下のTARGET INFORMATION PANELの処理アイコンがくるくる回るのが終わる)と、"&COLOR(#00FFFF){Scan Complete System Data Downloaded};"のメッセージが表示されます。その後、スーパークルーズを行うと"Unknown Signal Source"が詳細な情報に更新されています。
もしも"Unknown Signal Source"自体が見つからないという場合は一度、他のSystemへ移動してから戻ってくると出現することがあります。
-High Grade Emissionエリアを利用した裏技
こちらに関してはゲームシステム上の仕様を利用した裏技となっております。使用する際は各CMDR方の許容できる範囲で利用しましょう。
#region("ゲーム再読み込み(リログ)による素材獲得")
※"High Grade Emission"には制限時間が設けられており、制限時間を経過すると消滅します。制限時間内であれば、素材回収後に&COLOR(Red){[QUIT TO DESKTOP]でクライアントを終了させ};再度ゲームを起動すると、自機の近くに"Unknown Signal Source"が再出現します。これを利用して、制限時間内に[素材回収→終了/再度起動→再進入]を繰り返し、短時間で素材を収集することができます。
*ENCODED(データ)の一覧表 [#g420f400]
&color(Purple){&size(12){※1 取得方法についてはあくまで参考となります。(収集しにくい素材は[[トレーダー>Material Trader]]を利用しましょう)};};
-[[Anaconda]]等の墜落現場について
これらの墜落現場については様々な惑星地表面上にて確認されておりますが、出現場所に関してはこちらで掲載してしまうと探索の楽しみが減ってしまう恐れがありますので
(数が多すぎて掲載しきれないというのもあります)基本的にはCMDR各自でお調べいただくようにお願いいたします。
&color(Green){1か所だけでもオススメの場所を知りたい方は以下より};
(ドラッグで表示)⇒&COLOR(Black){HIP 12099 1 B (CMDR John Jameson Crashed Cobra MkIII)};
-墜落現場でのデータ取得方法
対象BodiesをDetailed Surface Scannerでスキャンすると、Crashed ShipがNAVIGATIONタブからロックできるようになります。着陸すると周辺に4つのComms Controlがあり、それをSRVでスキャンすることで素材を収集できます。(Crashed Shipのすぐ脇に、SRVを動かさずにタレットカメラのみで全てのComms Controlをスキャンできる場所があります)
-データ回収の裏技
こちらに関してはゲームシステム上の仕様を利用した裏技となっております。使用する際は各CMDR方の許容できる範囲で利用しましょう。
#region("ゲーム再読み込み(リログ)による素材獲得")
素材回収後に&COLOR(Red){[EXIT TO MAIN MENU]でメインメニューに戻り};、再度ゲームを再開することで再スキャンが可能になります。
これを利用して、[データ回収→メニュー戻り→再開]を繰り返し、短時間で素材を収集することができます。

#br
*RAW(原材料) [#g420f400]
|BGCOLOR(#EB5600):区分|BGCOLOR(#EB5600):グレード1|BGCOLOR(#EB5600):グレード2|BGCOLOR(#EB5600):グレード3|BGCOLOR(#EB5600):グレード4|BGCOLOR(#EB5600):⇒グレード4の主な産出地 &COLOR(Purple){※1};|h

&size(12){※1 産出地についてはあくまで参考となります。収集しにくい素材は[[トレーダー>Material Trader]]を利用しましょう。};
&size(12){  こちらに掲載されている場所以外でも、出現条件が整っている惑星表面上では出現します。};


-Tips記載の &color(#3333FF){BIOLOGICAL}; について
--Tips記載の &color(#3333FF){BIOLOGICAL}; には、Crystalline Shard が大量に群生しています。(1か所でMax150個まで収集可能な箇所もある)
Solから LHS 417(26ly) , HIP 36601(1598ly) , Outotz LS-K D8-3(1714ly) の距離にあります。
収集の際は&COLOR(Red){ SRV が Crystalline Shard に引っかからないように注意}; し、無理せずに落ち着いて行動しましょう。
HIP 36601 と Outotz LS-K D8-3 を同時に周回すれば、Selenium 以外の全ての&COLOR(Orange){大量収集が可能};です。

-[[Anaconda]]等の墜落現場での収集について
--墜落船の出現位置を掲載してしまうと探索の楽しみが無くなってしまう為、基本的にはCMDR自身で調べてください。
--&color(Green){以下、伏字の墜落現場の場合となります。(ドラッグで表示) ⇒}; [&COLOR(Black){Koli Discii C 6 A (Crashed Ship)};]
---素材の収集方法
対象Bodiesを Detailed Surface Scanner でスキャンすると、Crashed Ship が NAVIGATIONタブからロックできるようになります。
着陸すると周辺に3つの Cargo Rack があり、SRVのタレットで破壊すると素材が1~2個ドロップします。
---ゲームシステム上の仕様を利用した裏技 (CMDRの許容できる範囲で利用しましょう)
#region("ゲーム再読み込み(リログ)による素材の再出現")
素材回収後に&COLOR(Red){ [ EXIT TO MAIN MENU ] でメインメニュに戻ってから };、ゲームを再開すると Cargo Rack が再出現します。
これを利用して、[ 素材回収 → MENU戻り → 再開 ] を繰り返し、短時間で素材を収集することができます。
*MANUFACTURED(製造品) [#g420f400]
|BGCOLOR(#EB5600):区分|BGCOLOR(#EB5600):グレード1|BGCOLOR(#EB5600):グレード2|BGCOLOR(#EB5600):グレード3|BGCOLOR(#EB5600):グレード4|BGCOLOR(#EB5600):グレード5|BGCOLOR(#EB5600):⇒グレード5の主な産出地 &COLOR(Purple){※1};|h
&size(12){※1 産出地についてはあくまで参考となります。収集しにくい素材は[[トレーダー>Material Trader]]を利用しましょう。};
&size(12){  本HPに掲載している出現条件と重複した場合、出現する素材が変わる可能性があります。特定の素材を狙っている場合は注意してください。};
&size(12){※2 Stateが Boom , War , Civ War , Outbreak の場合は出現率が下がります};
-High Grade Emission について
--Unknown Signal Source と呼ばれるシグナルを解析すると、一部が High Grade Emission に変わります。
--Unknown Signal Source が無い場合は、一度、他のSystemへ移動して戻ってくると出現することがあります。

-High Grade Emission の見つけ方
--System内の Nav Beacon に行き、&COLOR(Red){スーパークルーズを切ってから Navigation Beacon をロック}; してください。
一定時間が経過すると、&size(12){(左下のTARGET INFORMATION PANELの処理アイコンが消えるまで)};
&COLOR(#00FFFF){Scan Complete System Data Downloaded}; のメッセージが表示されます。
その後、スーパークルーズを行うとSystem内の全ての Unknown Signal Source が解析されています。

-素材の収集方法
--ゲームシステム上の仕様を利用した裏技 (CMDRの許容できる範囲で利用しましょう)
#region("ゲーム再読み込み(リログ)による素材の再出現")
High Grade Emission には制限時間が設けられており、制限時間を経過すると消滅します。
制限時間内であれば、素材回収後に&COLOR(Red){ [ QUIT TO DESKTOP ] でクライアントを終了させて};、
再度ゲームを起動すると、自機の近くに Unknown Signal Source が再出現します。
これを利用して、制限時間内に [ 素材回収 → 終了/再度起動 → 再進入 ]を繰り返し、短時間で素材を収集することができます。
*ENCODED(データ) [#g420f400]

&size(12){※1 産出地についてはあくまで参考となります。収集しにくい素材は[[トレーダー>Material Trader]]を利用しましょう。};

-[[Anaconda]]等の墜落現場での収集について
--墜落船の出現位置を掲載してしまうと探索の楽しみが無くなってしまう為、基本的にはCMDR自身で調べてください。
--&color(Green){以下、伏字の墜落現場の場合となります。(ドラッグで表示) ⇒}; [&COLOR(Black){HIP 12099 1 B (CMDR John Jameson Crashed Cobra MkIII)};]
---素材の収集方法
対象Bodiesを Detailed Surface Scanner でスキャンすると、Crashed Ship が NAVIGATIONタブからロックできるようになります。
着陸すると周辺に4つの Comms Control があり、SRVでスキャンすることで素材を収集できます。
(Crashed Shipのすぐ脇に、SRVを動かさずにタレットカメラのみで全ての Comms Control をスキャンできる場所があります)
---ゲームシステム上の仕様を利用した裏技 (CMDRの許容できる範囲で利用しましょう)
#region("ゲーム再読み込み(リログ)による素材の再出現")
素材回収後に&COLOR(Red){ [ EXIT TO MAIN MENU ] でメインメニュに戻ってから };、ゲームを再開すると再度スキャンが可能になります。
これを利用して、[ 素材回収 → MENU戻り → 再開 ]を繰り返し、短時間で素材を収集することができます。


ID:
1859760
編集日時:
2021-03-28 15:23:18
ページ名:
Comments/Wiki編集者ユーザー用掲示板Vol1
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
-[[素材一覧]]ページを「閲覧者向け」に配慮されたレイアウト・文章構成を重視し再構成しました。元々掲載されている文章をなるべく残したまま編集しております。[[Wikiを編集するにあたって]]に記載されております通り、出来るだけ閲覧者向けに最適化されたページの作成にご協力いただくようによろしくお願いいたします。※今回の場合は注釈の多用が目立つ・目的としている情報をピンポイントで得づらいといった事から再構成を行いました。 -- [[管理人]] &new{2021-03-28 (日) 15:23:18};
ID:
1859749
編集日時:
2021-03-28 15:15:02
ページ名:
素材一覧
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
|BGCOLOR(#EB5600):区分|BGCOLOR(#EB5600):グレード1|BGCOLOR(#EB5600):グレード2|BGCOLOR(#EB5600):グレード3|BGCOLOR(#EB5600):グレード4|BGCOLOR(#EB5600):グレード5|BGCOLOR(#EB5600):⇒グレード5の主な取得方法|h
|BGCOLOR(#EB5600):区分|BGCOLOR(#EB5600):グレード1|BGCOLOR(#EB5600):グレード2|BGCOLOR(#EB5600):グレード3|BGCOLOR(#EB5600):グレード4|BGCOLOR(#EB5600):グレード5|BGCOLOR(#EB5600):⇒グレード5の主な取得方法 &color(Purple){※1};|h
ID:
1859744
編集日時:
2021-03-28 15:13:20
ページ名:
素材一覧
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
#br
ID:
1859743
編集日時:
2021-03-28 15:13:13
ページ名:
素材一覧
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
1か所だけでもオススメの場所を知りたい方は以下より
--墜落現場での素材取得方法

&color(Green){1か所だけでもオススメの場所を知りたい方は以下より};
-墜落現場でのデータ取得方法
ID:
1859741
編集日時:
2021-03-28 15:11:57
ページ名:
素材一覧
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
--墜落現場での素材取得方法
-墜落現場での素材取得方法
ID:
1859740
編集日時:
2021-03-28 15:11:39
ページ名:
素材一覧
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
1か所だけでもオススメの場所を知りたい方は以下より
&color(Green){1か所だけでもオススメの場所を知りたい方は以下より};
ID:
1859738
編集日時:
2021-03-28 15:11:20
ページ名:
素材一覧
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報