更新差分の確認と迷惑行為を行った編集者のIPを管理人に通報する機能です。通報した編集内容が同一IPのものであれば、複数件一度に通報済みとなります。
[一定件数以上の通報で管理者へメール通知されます。いたずら通報防止の為、通報者のIPも記録・送信されます。]

【ID】完全一致で検索できます。【ページ名・記事】2文字以上で部分一致で検索でき、最新の20件まで表示されます。

更新差分 [時系列]

先頭へ | 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次へ | 末尾へ
ID:
1244893
編集日時:
2017-12-13 05:17:56
ページ名:
システムイメージの作成と復元
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
この機能はMBR形式・GPT形式そんなことえお理解していなくても、それを意識することなく、コントロールパネルから簡単にダイアログを使ってローカルのハードディスクまたはDVD-Rおよびネットワークに完全なイメージを作ることができる。
この機能はMBR形式や・GPT形式そんなことえお理解していなくても、それを意識することなく、コントロールパネルから簡単にダイアログを使ってローカルのハードディスクまたはDVD-Rおよびネットワークに完全なイメージを作ることができる。
ID:
1244892
編集日時:
2017-12-13 05:17:01
ページ名:
システムイメージの作成と復元
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
br
-ソフトウェアのバージョンや設定内容データなど、全てそのイメージの時点に戻ることに注意して欲しい
#br
-ソフトウェアのバージョンや設定内容個人データなど、全てそのイメージの時点に戻ることに注意して欲しい
ID:
1244884
編集日時:
2017-12-13 05:11:59
ページ名:
システムイメージの作成と復元
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
[コントロールパネル]→「回復」→[回復ドライブの作成」の順に開き、16GB以上のUSBメモリ挿してを指示に従って取り付ける。
#br
[コントロールパネル]→「回復」→[回復ドライブの作成」の順に開き、16GB以上のUSBメモリを指示に従って取り付ける。
br
ID:
1244877
編集日時:
2017-12-13 05:05:21
ページ名:
システムイメージの作成と復元
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
この機能はMBR形式でもGPT形式そんなことえお理解していなくても、それを意識することなく、コントロールパネルから簡単にダイアログを使ってローカルのハードディスクまたはDVD-Rおよびネットワークに完全なイメージを作ることができる。
この機能はMBR形式・GPT形式そんなことえお理解していなくても、それを意識することなく、コントロールパネルから簡単にダイアログを使ってローカルのハードディスクまたはDVD-Rおよびネットワークに完全なイメージを作ることができる。
ID:
1244876
編集日時:
2017-12-13 05:04:49
ページ名:
システムイメージの作成と復元
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
この機能はMBR形式でもGPT形式でも、それを意識することなく、コントロールパネルから簡単にダイアログを使ってローカルのハードディスクまたはDVD-Rおよびネットワークに完全なイメージを作ることができる。
この機能はMBR形式でもGPT形式そんなことえお理解していなくても、それを意識することなく、コントロールパネルから簡単にダイアログを使ってローカルのハードディスクまたはDVD-Rおよびネットワークに完全なイメージを作ることができる。
ID:
1244872
編集日時:
2017-12-13 05:02:56
ページ名:
システムイメージの作成と復元
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
あとはダイアログに従えばイメージが出来上がる。
[コントロールパネル]→「回復」→[回復ドライブの作成」の順に開き、16GB以上のUSBメモリを指示に従って取り付ける。
USBメモリはフォーマットされるので、重要なデータはバックアップしてから次に進む。
-システムイメージはクリーンインストールしたときなど最良な状況を保存すること
-ソフトウェアのバージョンや設定内容データなど、全てそのイメージの時点に戻る
-上の事から、応急的な対策ではなく、システムが稼働しているが不安定な時の予備として考えること
あとはダイアログに従えばシステムイメージが出来上がる。
[コントロールパネル]→「回復」→[回復ドライブの作成」の順に開き、16GB以上のUSBメモリ挿してを指示に従って取り付ける。
USBメモリはフォーマットされますので、重要なデータはバックアップしておいてから次に進む。
-システムイメージはクリーンインストールした時など最良な状況を保存すること
-ソフトウェアのバージョンや設定内容データなど、全てそのイメージの時点に戻ることに注意して欲しい
-上の事から、応急的な対策ではなく、システムが稼働しているが、不安定な時の予備として考えること
ID:
1240442
編集日時:
2017-12-12 15:23:51
ページ名:
システムイメージの作成と復元
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
以前に紹介した[[CUIでのバックアップと復元]]と合わせて上手に使い分けてもらいたい。
以前に紹介した[[CUIでバックアップと復元]]と合わせて上手に使い分けてもらいたい。
ID:
1240411
編集日時:
2017-12-12 15:19:01
ページ名:
システムイメージの作成と復元
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
*システムイメージの作成と復元 [#w89d612b]
#br
#br
今回はWindows 7から導入された[システムイメージの作成]について取り上げる。
#br
この機能はMBR形式でもGPT形式でも、それを意識することなく、コントロールパネルから簡単にダイアログを使ってローカルのハードディスクまたはDVD-Rおよびネットワークに完全なイメージを作ることができる。
#br
#br
**システムイメージの作成方法 [#x73708a7]
#br
#br
自分の慣れた方法で[コントロールパネル]→[バックアップと復元]→[システムイメージの作成]の順に開く
#br
あとはダイアログに従えばイメージが出来上がる。
#br
2枚目の画面でどのパーティションをイメージに含めるかをチェックボックスで決定する。
#br
復元時ディスクドライブはフォーマットされるので、データパーティションがあるなら、それも含めておいた方がいいだろう。
#br
#br
**回復ドライブの作成 [#m030cb1d]
#br
#br
システムのイメージから復元するために、回復ドライブを作成しておくと便利だ。
#br
[コントロールパネル]→「回復」→[回復ドライブの作成」の順に開き、16GB以上のUSBメモリを指示に従って取り付ける。
#br
USBメモリはフォーマットされるので、重要なデータはバックアップしてから次に進む。
#br
#br
**システムイメージを使った復元 [#ncac359b]
#br
#br
BIOSの起動優先順位をハードディスクを最後にするか、ブートメニューから[回復ドライブの作成]で作成したUSBメモリを装着して電源を入れる。
#br
起動したメニューから[トラブルシューティング]→[詳細オプション]→[システムイメージを使用して復元]の順に選びダイアログに従って進めていけば完了する。
#br
#br
**注意事項 [#ba6e1483]
#br
#br
次の点に注意してほしい。
#br
-システムイメージはクリーンインストールしたときなど最良な状況を保存すること
-復元操作は目が見える人に必ず手伝ってもらえる環境で行うこと
-ソフトウェアのバージョンや設定内容データなど、全てそのイメージの時点に戻る
-ハードディスクそのものが破損していると復元に失敗する
-上の事から、応急的な対策ではなく、システムが稼働しているが不安定な時の予備として考えること
#br
以前に紹介した[[CUIでのバックアップと復元]]と合わせて上手に使い分けてもらいたい。

ID:
1240404
編集日時:
2017-12-12 15:17:33
ページ名:
MenuBar
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
-システムパーティションのイメージ
-[[システムイメージの作成と復元]]
ID:
1206009
編集日時:
2017-12-07 17:56:59
ページ名:
CUIでバックアップと復元
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
ドライブ番号(Disk Number)は、0から始まり、パーティション番号(Partition Number)は1から始まることに注意を注いでほしい。
-現在接続されているディスクが形式、総容量、ディスク番号を含んだ表が示される
一方BIOSベースのハードディスクを同じコマンドで覗いてみると、全てがprimary partitionと表記されている。

ただし、ESCやF1~F12のキーはBIOSやブートメニューが表示される可能性があるので控えよう。
ドライブ番号(Disk Number)は、0から始まります。
-現在接続されているディスクがディスク番号、総容量、形式を含んだ表が示される
一方BIOSベースのハードディスクを同じコマンドで覗いてみると、NTFS Partitionと表記されている。
ただし、ESCやDelete、F1~F12のキーはBIOSやブートメニューが表示される可能性があるので控えよう。
先頭へ | 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次へ | 末尾へ