更新差分の確認と迷惑行為を行った編集者のIPを管理人に通報する機能です。通報した編集内容が同一IPのものであれば、複数件一度に通報済みとなります。
[一定件数以上の通報で管理者へメール通知されます。いたずら通報防止の為、通報者のIPも記録・送信されます。]

【ID】完全一致で検索できます。【ページ名・記事】2文字以上で部分一致で検索でき、最新の20件まで表示されます。

更新差分 [時系列]

先頭へ | 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次へ | 末尾へ
ID:
3149888
編集日時:
2018-08-30 07:55:31
ページ名:
Microsoft Officeの設定をバックアップする
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
-1.Windowsのインストールと最低限の設定が完了したら、以前の環境のOfficeをインストールする
-1.Windowsのインストールと最低限の設定が完了したら、以前と同じバージョンのOfficeをインストールする
ID:
3149868
編集日時:
2018-08-30 07:50:13
ページ名:
Microsoft Officeの設定をバックアップする
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
-4.保存場所とわかり易い名前を設定し[保存]を選択し、設定のレジストリファイルが準備できました。
-3.保存場所とわかり易い名前を設定し[保存]を選択し、設定のレジストリファイルが準備できました。
ID:
3149854
編集日時:
2018-08-30 07:46:54
ページ名:
Microsoft Officeの設定をバックアップする
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
みなさんはWindowsをクリーンインストール(Cドライブをフォーマットし、Windowsを再度インストール)したあと、Microsoft Officeのメールデータはバックアップしたとしても、Officeの設定自体はどうしているだろうか。
皆さんはWindowsをクリーンインストール(Cドライブをフォーマットし、Windowsを再度インストール)したあと、Microsoft Officeのメールデータはバックアップしたとしても、Officeの設定自体はどうしているだろうか。
ID:
3149853
編集日時:
2018-08-30 07:46:27
ページ名:
Microsoft Officeの設定をバックアップする
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
みなさんはWindowsをクリーンインストール(CドライブをフォーマットしたあとWindowsを再度インストール)したあと、ドライバなどはインストールするにしてもMicrosoft Officeのメールデータはバックアップしたとしても、設定はどうしているだろうか。
もちろん前回の設定が良くなかったなと思うなら、再度手作業で行うのもありだろう。しかし、現在のOffice設定状況が自分の好ましい設定になっているなら、クリーンインストール後もその設定を事前の1つの準備と、Officeインストール後に一つのファイルを適応するだけで現状復帰を行えるとしても、毎度手動で行いたいならこの記事はきっと役立たないだろう。
そんなに夢のようなことができるなら今度のクリーンインストールのときには試してみようと思う方は是非注意深く読み進めてもらえればとおもう。
みなさんはWindowsをクリーンインストール(Cドライブをフォーマットし、Windowsを再度インストール)したあと、Microsoft Officeのメールデータはバックアップしたとしても、Officeの設定自体はどうしているだろうか。
もちろん前回の設定が良くなかったなと思うなら、再度手作業で設定を行うのもありだろう。
実はクリーンインストール前の1つの準備とOfficeインストール後に一つのファイルを適応するだけでクリーンインストール前の設定を簡単に引き継ぐ技が存在する。そんなに夢のようなことができるなら今度のクリーンインストールのときには試してみようと思う方は是非注意深く読み進めてもらえればと思う。
ID:
3149848
編集日時:
2018-08-30 07:45:05
ページ名:
MenuBar
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
-[[Microsoft Officeの設定をバックアップする]]
ID:
3149843
編集日時:
2018-08-30 07:43:29
ページ名:
Microsoft Officeの設定をバックアップする
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
*Microsoft Officeの設定をバックアップする [#x15b83a0]
#br
#br
みなさんはWindowsをクリーンインストール(CドライブをフォーマットしたあとWindowsを再度インストール)したあと、ドライバなどはインストールするにしてもMicrosoft Officeのメールデータはバックアップしたとしても、設定はどうしているだろうか。
#br
もちろん前回の設定が良くなかったなと思うなら、再度手作業で行うのもありだろう。しかし、現在のOffice設定状況が自分の好ましい設定になっているなら、クリーンインストール後もその設定を事前の1つの準備と、Officeインストール後に一つのファイルを適応するだけで現状復帰を行えるとしても、毎度手動で行いたいならこの記事はきっと役立たないだろう。
#br
そんなに夢のようなことができるなら今度のクリーンインストールのときには試してみようと思う方は是非注意深く読み進めてもらえればとおもう。
#br
#br
**まずはメールデータのバックアップから [#wab33daf]
#br
#br
これはあちこちで質問やQ&Aが公開されていたりするので、ご存知の方は読み飛ばしていただいて構わない。
#br
このwikiは視覚障害やそれに準ずる状態にある人のためにキーボード操作を順に示す。
#br
-1.Outlookを開きます
-2.[ALT]キーを押しながら[f]・[o]・[i]の順で入力します
-3.インポート/エクスポートウィザードが起動します
-4.実行する操作の一覧から[ファイルにエクスポート]を[上下矢印]キーで選択し[TAB]キーで[次へ]ボタンに移動し[Space]キーで実行します
-5.ファイル形式を選択する画面で[Outlook データファイル(.pst)]を選択して次へ進みます
-6.複数のメールアカウントが登録されていれば各アカウントの下に各フォルダが表示されるので、アカウント名やメールアドレスの欄を選び[サブフォルダも含める[のチェックボックスがonになっていることを確認して次へ進みます-7.自動的に付けられたファイル名が表示され、保存場所とわかり易いファイル名を指定して[完了]を選択します
#br
(注)1回のエクスポートで1アカウントのみがエクスポートできます。複数アカウントが登録されている場合には上の処理をアカウントの個数回実行してください。
#br
さて、これでメールデータのバックアップは完了しました。しかし、クリーンインストールでフォーマット対象ドライブにはくれぐれも保存しないように注意されたい。
#br
#br
**次にOfficeの設定を全てバックアップします [#s7ea571d]
#br
#br
これにはレジストリエディタを使用する。くれぐれも慎重には慎重を重ねて操作を行ってもらいたい。最悪クリーンインストールを開始する前にシステムが起動しなくなること、レジストリを操作するときは自己責任が原則となることを肝に銘じてもらいたい。
#br
-1.[regedit]を開き次の順にレジストリキーをたどります
--HKEY_CURRENT_USER\
--Software\
--Microsoft\
Office
-2.最後の[Office]を[右クリック]キーでエクスポートを選択します。
-4.保存場所とわかり易い名前を設定し[保存]を選択し、設定のレジストリファイルが準備できました。
#br
#br
**復旧手順 [#v6814792]
#br
#br
上にバックアップの手順を示してきましたが、復旧手順をしっかり理解しなければ、今までの準備は役立たないだろう。
早速復旧の手順を示すことにする。
#br
-1.Windowsのインストールと最低限の設定が完了したら、以前の環境のOfficeをインストールする
-2.エクスポートしておいた.regファイルを実行する
-3.レジストリの書き換えを行うかどうかの確認ダイアログが表示されたら[はい]を選択する
-4.各ソフトを起動すると一応シリアル番号や利用規約を同意する旨が表示されたら、[ESC]キーで画面を閉じる
-5.Outlookは起動直後にそれぞれのアカウントにアクセスするためのパスワード入力ダイアログが出現するので、パスワードを入力する
-6.再度
インポート/エクスポートウィザードを表示し、各アカウントごとにインポート手順を進める
ID:
2837709
編集日時:
2018-07-14 16:52:12
ページ名:
Comments/ユースフルソフト
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
-Team Viewer 13.1.3629をアップロードしました。 -- [[administrator]] &new{2018-07-14 (土) 16:52:12};
ID:
2837701
編集日時:
2018-07-14 16:50:53
ページ名:
Comments/ユースフルソフト
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
-CCleaner 5.44.6575をアップロードしました。 -- [[administrator]] &new{2018-07-14 (土) 16:50:53};
ID:
2673801
編集日時:
2018-06-20 23:40:11
ページ名:
Win10インストール直後に行いたい便利な4つの設定
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
#br
PCを買ってきたときの初期設定直後やどうしても作成したシステムイメージや復元ポイントから復元しても、動作が遅いまたは安定しないときに、Cドライブをフォーマットして再インストールしたときのことをクリーンインストールという。

こうすると以前の使っていたときの状態に戻すのには結構な労力を要するが、Windows Updateで、更新プログラムがインストールされていく以上、仕方なくやらざるを得ない時がある。
でも、あとのこまごました設定をスムーズに進めるために、行っておきたい設定を4つ紹介する。
タブレットモードをオフにしても、タブレットタイプのPCで、タップジェスチャーが使えなくなるわけではない。
-(1)[Windowsキー]+[i]をおして[設定]を開く。
-(5)[TABキー]で[サイニン時の動作]に移動し[デスクトップ モード]を選ぶ
-(6)[TABキー]で[デバイスがタブレット モードのオンとオフを自動的に切り替えるとき]を選び[確認もせず切り替えも行わない[を選ぶ。
セキュリティ確保でパスワードを入力しないと復帰できないというメリットもあるが、[この画面が気に入りましたか?]というダイアログが出たりひと手間多くなったり、スクリーンリーダーでロック画面の通知が読めたりするわけではないので、私たち視覚障碍者にはお得なモードではない。
プロフェッショナル版の人は[グループポリシーエディタ[gpedit.msc]]を使う方法もあるが、ホーム版では使えない。
詳しくどこを変更するのか知りたい人は、ファイルを右クリックし、[編集]を選ぶとデフォルトのテキストエディタで内容を確認して、独力で[Windowsキー]+[r]で[ファイル名を指定して実行または[スタートメニュー]を開き[regedit]と入力して[レジストリエディタ]を選び、[*.reg]の中身を一つずつ辿り、変更してもかまわない。
最悪の起動しなくなることはありませんが、ビルドナンバーによっては、このレジストリを書き込んでも有効にならない可能性を秘めています。適応するのは事故責任でお願いします。
またどのビルド番号で変更が効かなかったかご親切な方はご報告および加筆していただけると助かります。
ご報告や加筆を参考に、更なる変更を行える場合には細心情報の提供に努めます。
オートログオフは、一定時間スクリーンセーバーが起動すると、Windowsからかってにログオフされてしまいます。
こちらも最悪の起動しなくなることはありませんが、ビルドナンバーによっては、このレジストリを書き込んでも有効にならない可能性を秘めています。適応するのは事故責任でお願いします。
ご報告や加筆を参考に、更なる変更を行える場合には細心情報の提供に努めます。
ディスプレイの明るさをよく見えるように上げていると、見ていなくてもブルーライトを顔全体に常に浴びることとなり、健康上もよろしくない。
今回の紹介した4項目はWindows 10にのに有効な設定が含まれているので注意してほしい。
#br
PCを買ってきたときの初期設定直後やどうしても作成したシステムイメージや復元ポイントから復元しても、動作が遅いまたは安定しないときに、Cドライブをフォーマットして再インストールした時のことをクリーンインストールという。
こうすると以前の使っていた時の状態に戻すのには結構な労力を要するが、Windows Updateで更新プログラムがインストールされていく以上、仕方なくやらざるを得ない時がある。
でも、あとの細々した設定をスムーズに進めるために、行っておきたい設定を4つ紹介する。
タブレットモードをオフにしても、タブレットタイプのPCで、タップジェスチャーが使えなくなる訳ではない。
-(1)[Windowsキー]+[i]を押して[設定]を開く。
-(5)[TABキー]で[サインイン時の動作]に移動し[デスクトップ モード]を選ぶ
-(6)[TABキー]で[デバイスがタブレット モードのオンとオフを自動的に切り替えるとき]を選び[確認もせず切り替えも行わない]を選ぶ。
セキュリティ確保でパスワードを入力しないと復帰できないというメリットもあるが、[この画面が気に入りましたか?]というダイアログが出たりひと手間多くなったり、スクリーンリーダーでロック画面の通知が読めたりするわけではないので、私たち視覚障害者にはお得なモードではない。
プロフェッショナル版の人は[グループポリシーエディタ[gpedit.msc]]を使う方法もあるが、ホームエディション版では使えない。
詳しくどこを変更するのか知りたい人は、ファイルを右クリックし、[編集]を選ぶとデフォルトのテキストエディタで内容を確認して、独力で[Windowsキー]+[r]で[ファイル名を指定して実行]または[スタートメニュー]を開き[regedit]と入力して[レジストリエディタ]を選び、[*.reg]の中身を一つずつ辿り、変更してもかまわない。
最悪の起動しなくなることはありませんが、ビルドナンバーによっては、このレジストリを書き込んでも有効にならない可能性を秘めています。適応するのは自己責任でお願いします。
また、どのビルド番号で変更が効かなかったかご親切な方はご報告および加筆していただけると助かります。
ご報告や加筆を参考に、更なる変更を行える場合には最新情報の提供に努めます。
オートログオフは、一定時間スクリーンセーバーが起動すると、Windowsから勝手にログオフされてしまいます。
こちらも最悪の起動しなくなることはありませんが、ビルドナンバーによっては、このレジストリを書き込んでも有効にならない可能性を秘めています。適応するのは自己責任でお願いします。
ご報告や加筆を参考に、更なる変更を行える場合には最新情報の提供に努めます。
ディスプレイの明るさをよく見えるように上げていると、見ていなくてもブルーライトを顔全体に常に浴びることとなり、健康上にもよろしくない。
今回の紹介した4項目はWindows 10にのみ有効な設定が含まれているので注意してほしい。
ID:
2661846
編集日時:
2018-06-19 14:19:14
ページ名:
Win10インストール直後に行いたい便利な4つの設定
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
私たちキーボードオペレーションが中信になる人にはとても使いにくい状況になってしまう。
ロック画面はスマートフォンでいうところの、スリープ状態から電源ボタンを1回押した直後、いろいろなつーちが出てくるがめんだ。
詳しくどこを変更するのか知りたい人は、ファイルを右クリックし、[編集]を選ぶとデフォルトのテキストエディタで内容を確認して、独力で[Windowsきー]+[r]で[ファイル名を指定して実行または[スタートメニュー]を開き[regedit]と入力して[レジストリエディタ]を選び、[*.reg]の中身を一つずつ辿り、変更してもかまわない。
私たちキーボードオペレーションが中心になる人にはとても使いにくい状況になってしまう。
ロック画面はスマートフォンでいうところの、スリープ状態から電源ボタンを1回押した直後、いろいろな通知が出てくる画面だ。
詳しくどこを変更するのか知りたい人は、ファイルを右クリックし、[編集]を選ぶとデフォルトのテキストエディタで内容を確認して、独力で[Windowsキー]+[r]で[ファイル名を指定して実行または[スタートメニュー]を開き[regedit]と入力して[レジストリエディタ]を選び、[*.reg]の中身を一つずつ辿り、変更してもかまわない。
先頭へ | 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次へ | 末尾へ