更新差分の確認と迷惑行為を行った編集者のIPを管理人に通報する機能です。通報した編集内容が同一IPのものであれば、複数件一度に通報済みとなります。
[一定件数以上の通報で管理者へメール通知されます。いたずら通報防止の為、通報者のIPも記録・送信されます。]

【ID】完全一致で検索できます。【ページ名・記事】2文字以上で部分一致で検索でき、最新の20件まで表示されます。

更新差分 [時系列]

先頭へ | 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次へ | 末尾へ
ID:
1475009
編集日時:
2017-03-30 02:02:45
ページ名:
MenuBar
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
--[[New Gun Tank Otsu Ho-Chi]]
ID:
1474997
編集日時:
2017-03-30 02:01:18
ページ名:
New Gun Tank Otsu Ho-Chi
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
日本語表記:新砲戦車(乙) ホチ
#br

画像なし!

#br

''スペック''
|車体|新中戦車(甲)|
|車体装甲厚(mm)||
|重量(t)|20強?|
|エンジン①||
|馬力(hp)||
|出力重量比||
|武装①||
|砲口初速(m/s)||
|類似火砲||
(アジ歴C14011075200、J-TANK23号など)
#br

*概要 [#k8cef0fa]
新中戦車(甲)の車体に75ミリあるいは105ミリ山砲を搭載したもの。wikipediaでは九六式十五糎榴弾砲をチハ車体に搭載した五式十五糎自走砲を指してホチ車としているが、アジ歴にある資料でホチ車と明言されているのは(自分の知る限りでは)この新砲戦車(乙)だけである。
またこの時点での新中戦車(甲)チトの仕様は57ミリ砲搭載案の段階である。実際の四式中戦車チト(全備重量30トン)よりは一回り小さい車体だったと思われる。
また、ホリ車として有名な新砲戦車(甲)はこの車両の兄貴分と言う位置づけである。実際チト車の兄貴分のチリ車をベースにしたあたり、分かりやすいところだと思う。
当時の戦車の進化は急速で、結局開発はホリ車に一本化されホチ車の計画は削除された。
ID:
1436994
編集日時:
2017-03-26 01:59:25
ページ名:
MenuBar
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
--[[Short Barrel 20cm SPG]]
ID:
1436973
編集日時:
2017-03-26 01:54:46
ページ名:
Short Barrel 20cm SPG
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
日本語表記:短二十糎自走砲
#br

未完成、モックアップ写真なども無し。でも面白い車両なのでポンチ絵は用意したい。

#br

''スペック''
|車体|チハ|
|車体装甲厚(mm)|25|
|重量(t)|16|
|エンジン①|Mitsubishi SA12200VD|
|馬力(hp)|170|
|エンジン②|Type 100 Kuurei V-12|
|馬力(hp)|240|
|出力重量比|10.6/15|
|武装①|短二十糎砲|
|砲口初速(m/s)|310|
|弾頭重量(kg)|50.3|
|類似火砲|コンカラー自走砲のBL 9.2-inch howitzer|
(wikipedia、アジ歴『未完成兵器一覧表(3)』C14010956800)

#br

*概要 [#k8cef0fa]
輸送船が自衛用に装備していた短二十糎砲を、チハ車体に搭載したもの。短二十糎砲の写真を見る限りでは砲架ごと旋回できる設計のようなので、チハ車体に搭載する際は丸ごと載せたと思われる。というより、上記のアジ歴の資料くらいしか登場していない(確認している限りでは)あたり、かなり急造兵器感が漂っていて、砲架を改造するなんて器用な真似をする時間は無かったんじゃないかと思う。
砲は肉薄の短砲身で口径長は驚きの12口径である。砲口初速が非常に遅い(普通の榴弾砲でも倍の600m/s以上、戦車砲なら800m/s~1000m/sくらいはある)ので、弾道は非常に山なりになる。類似火砲に挙げたコンカラーGCが初速362m/sあるいは490m/sなので、コンカラーGCよりも射程は短く、弾道は高くなる。
また、弾頭重量が202mmの大口径にしてはかなり軽い。ほぼ同口径の203mm B-4(ソ連自走砲212Aなど)の弾頭重量は100kgなのに対して、本砲は50kgしか無く、この重量は155mm榴弾砲々弾の43kg(フランス自走砲のCanon de 155mm GPFなど)よりは重いという程度である。なのでダメージ量は150mm級と200mm級のあいだ、それも150mm級に近い値に調整されると予想される。

#br

まとめると、車体は貧弱ながらも、中途半端に大口径な榴弾を遮蔽物越しに放り投げてくる、ウザめの車両に仕上がると嬉しいな、といったところ。
ID:
1428125
編集日時:
2017-03-25 01:04:22
ページ名:
MenuBar
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
--[[Fire Support Tank/New Medium Tank Otsu]]
ID:
1428112
編集日時:
2017-03-25 01:02:58
ページ名:
Fire Support Tank/New Medium Tank Otsu
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
日本語表記:直協戦車/新中戦車乙
#br

計画止まりのため画像はない

#br

''スペック''
|車体||
|車体装甲厚(mm)||
|重量(t)|~20|
|エンジン①|不明|
|馬力(hp)|重量からすればチへ程度の馬力が妥当か(240)|
|出力重量比|12程度か|
|武装①|試製五十七粍対戦車砲|
|砲口初速(m/s)|910|
|武装②|七糎半榴弾砲あるいは十糎榴弾砲|
|類似火砲|①はケホの最終砲|
(アジ歴のC14011078700 昭和18年度陸軍兵器行政本部研究計画より)

#br

*概要 [#k8cef0fa]
新中戦車乙とはチリ車の元々の計画案である。。当初は57粍戦車砲を車体に固定した低姿勢のものを予定していたが、戦車の急激な進化により陳腐化、改めて現在のチリの仕様に変更された。この新中戦車乙の車体を利用し、短砲身75mm砲あるいは10センチ砲を搭載する計画が、直協戦車である。
新中戦車乙は新中戦車甲(チトの素案、57mm砲装備)を数で補う、いわばハイローミックスのローを担う車両であったと想像され、新中戦車甲(チト)とともに対戦車戦闘することを主眼においていたと見られる。一方の直協戦車は、それまでの日本戦車の中心的役割であった歩兵支援を担う、突撃砲的役割を期待されていたと考えられる。
この妄想ツリーでは、車体が同じであることから同一車種として扱うことにした。
ID:
1406712
編集日時:
2017-03-23 00:44:04
ページ名:
MenuBar
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
--[[Type 75 155mm SPH]]
ID:
1406702
編集日時:
2017-03-23 00:42:25
ページ名:
Type 75 155mm SPH
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
この妄想ツリーでは、SPGルートの最終到達点だけでなく、軽戦車ルートの終点にもなっている。これは、一つは”WGの考えるWoTに登場可能な年代”のなかで、どうあがいてもこれ以上自衛隊車両から軽戦車をひねり出せないというのがある。もう一つは、[[25t Class LT]]の記事内で触れたとおり、本車がもともと25t級車両のファミリー化計画の一車両だったからである。こうした経緯から、いささかイレギュラーではあるが、LTルートはTier10でSPGルートに合流することになる。
この妄想ツリーでは、SPGルートの最終到達点だけでなく、軽戦車ルートの終点にもなっている。これは、一つは”WGの考えるWoTに登場可能な年代”のなかで、どうあがいてもこれ以上自衛隊車両から軽戦車をひねり出せないというのがある。もう一つは、[[25t Class LT]]の記事内で触れたとおり、本車がもともと25t級車両のファミリー化計画の一車両だったからである。こうした経緯から、いささかイレギュラーではあるが、LTルートはTier10でSPGルートに合流させることにした。
ID:
1406700
編集日時:
2017-03-23 00:41:33
ページ名:
Type 75 155mm SPH
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
#br
この妄想ツリーでは、SPGルートの最終到達点だけでなく、軽戦車ルートの終点にもなっている。これは、一つは”WGの考えるWoTに登場可能な年代”のなかで、どうあがいてもこれ以上自衛隊車両から軽戦車をひねり出せないというのがある。もう一つは、[[25t Class LT]]の記事内で触れたとおり、本車がもともと25t級車両のファミリー化計画の一車両だったからである。こうした経緯から、いささかイレギュラーではあるが、LTルートはTier10でSPGルートに合流することになる。
#br
ID:
1406659
編集日時:
2017-03-23 00:34:59
ページ名:
Type 75 155mm SPH
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
#attachref(JGSDF_Type75_15HSP1.jpg,nolink,60%);
先頭へ | 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次へ | 末尾へ