更新差分の確認と迷惑行為を行った編集者のIPを管理人に通報する機能です。通報した編集内容が同一IPのものであれば、複数件一度に通報済みとなります。
[一定件数以上の通報で管理者へメール通知されます。いたずら通報防止の為、通報者のIPも記録・送信されます。]

【ID】完全一致で検索できます。【ページ名・記事】2文字以上で部分一致で検索でき、最新の20件まで表示されます。

更新差分 [時系列]

ID:
1768582
編集日時:
2018-02-18 17:50:14
ページ名:
かくり用
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
詳細は公式ページの[[招待について>>http://www.kakuriyo-no-mon.com/guides/invitation]]を参照してほしいのですが、
詳細は公式ページの[[招待について>http://www.kakuriyo-no-mon.com/guides/invitation]]を参照してほしいのですが、
ID:
1768552
編集日時:
2018-02-18 17:47:00
ページ名:
かくり用
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
「傾奇者→剣豪主人公」+「あめのうずめ(刀/レア)」+「紅葉御前(斧/レア)」+「いすずひめ(巫/レア)」+「やたのひめ(呪/レア)」です。
「傾奇者→剣豪主人公」+「あめのうずめ(刀/レア)」+「紅葉御前(斧/レア)」+「いすずひめ(回復/レア)」+「やたのひめ(術/レア)」です。
ID:
1768527
編集日時:
2018-02-18 17:44:27
ページ名:
かくり用
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
※正月などの時期に開始すると、特別な式姫の代わりに「無垢の型紙」が配布されていることもあります。
武士:盾役。「敵視」を集めて攻撃を受ける担当。HPと防御が高いが火力は劣る
巫女:回復役。精神と聖攻撃力が高く、回復術を持つ。術枠が支援で埋まりがちで、火力役としては起用しにくい。
それ以外:火力役。各種族ごとに特色があるが、主に攻撃を担当する。
例えば神話級呪い式姫「天照」および京激レア呪い式姫「京狗賓」を同時に引いたとしたら、
正月などの時期に開始すると、特別な式姫の代わりに「無垢の型紙」が配布されていることもあります。
「刀」式姫:盾役。主人公「武士」に相当。「敵視」を集めて攻撃を受ける担当。HPと防御が高いが火力は劣る
「回復」式姫:回復役。主人公「巫女」に相当。精神と聖攻撃力が高く、回復術を持つ。術枠が支援で埋まりがちで、火力役としては起用しにくい。
それ以外:「槍」「斧」「弓」「術」系式姫が該当。それぞれ「槍術師」「傾奇者」「弓術士」「まじない師」に該当。
 火力役。各種族ごとに特色があるが、主に攻撃を担当する。
※刀式姫は敵視集めに特化しているのですが、二人いると片方が棒立ちになってしまうのです。
例えば神話級術式姫「天照」および京激レア術式姫「京狗賓」を同時に引いたとしたら、
ID:
1765471
編集日時:
2018-02-18 09:53:19
ページ名:
かくり用
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
&color(Silver){「ステータスの高さ」+「スキルレベルの高さ」=式姫の強さです。};
''「自身のステータス」+「装備」+「ボーナス」+「心技体」+「憑依」+「熟練度」+「特性」+「方位神の加護」となります。
#br''
つまり、''進化前の式姫のレベルを可能な限り上げることで、
進化後のレベル上げをある程度省略してボーナスを稼ぐことが可能''、という仕様になっています。
&color(Red){一般論としては
「好きな方」「主人公にさせたい方」「手持ちの式姫との兼ね合い」};となるのですが、
%%%これはストーリーの難所を突破する際に、
一定の火力を用意した後に試行回数を重ねれば突破できる
orさらに火力を上げれば事故る前に押し切れる、というのも関係しています。%%%
ただし、上記で述べたように欠点も多くあるため、それを補うための強化が必須です。
各職業のバフデバフもいずれは取得し、セットすることを薦めます。
'''型落ちである八岐大蛇装備に需要があるのは、
それ以上の武器を入手するのが大変だからだと思います。'''
戦闘開始時に''1分間だけ火/風属性の属性攻撃力を80-100%強化するという、
とんでもない効果を持ちます。''
&color(Maroon){※!!!森羅万象や攻属の先陣と効果が重複して打ち消されるので注意!!!};
上記の通り、''符呪付きの装備は「契呪符」を使用して取引可能なので、
市で入手することが可能です。''
これを利用することで、「''疾風幻想」「鉄化」「神速」「瞬歩」といったスキルを
真髄化まで育成せずとも高レベルで使用することができます。''
%%%'''以下はユーザーによって主張が異なる内容です。
したがって本項に書かれていることを理由に、他者への押し付けを行わないでください。'''%%%
-低レベルのバフ・デバフは打たない。
つまり&color(Silver){低レベルのデバフを使うと高レベルのデバフを消してしまう};、という仕様があります。
-主催が盾を持ち込んでいるなら自分は刀式姫を連れて行かない
-自身が盾担当でなければ、敵視を稼ぎすぎない
-攻撃技を打ち切ったら退避する
-沈黙・スタンを受けても退避する
-MP回復アイテムを用意しておく
-強力な攻撃は退避する
-頭割りで即死するHPで挑まない・頭割りを退避しない
''出陣中のプレイヤー全員で受けないと耐えられないような威力になっていることが多く、
退避してしまうと他のプレイヤーのパーティが崩壊してしまいます。''
&color(Silver){絶対に退避しないようにしましょう。};
ただし、''「ファラを封印せしもの」が使う頭割りだけは例外''的に退避推奨です。
-……実際のところは?
実装から年単位経過しているボスも多く、大雑把に戦われていることが多いです。
特に日課や週課が存在するレイドコンテンツは、
プレイヤー側の火力のインフレの結果、瞬殺されることが珍しくありません。
『適正』な強さがなくて参戦しても、
ほとんどのボスは、見ているだけで討伐されるのが現状です。
全員が適正帯であった時に備え、きちんと準備しておくことが重要です。
ぶっちゃけるとブラックリストに入れられるのを防ぐ意味合いが強いです。
&color(Maroon){「ステータスの高さ」+「スキルレベルの高さ」=式姫の強さです。};
''「自身のステータス」+「装備」+「ボーナス」+「心技体」+「憑依」+「熟練度」+「特性」+「方位神の加護」''となります。
#br
つまり、''進化前の式姫のレベルを可能な限り上げることで、''
''進化後のレベル上げをある程度省略してボーナスを稼ぐことが可能''、という仕様になっています。
#br
#br
&color(Red){一般論としては「好きな方」「主人公にさせたい方」「手持ちの式姫との兼ね合い」};となるのですが、
%%%これはストーリーの難所を突破する際に、%%%
%%%一定の火力を用意した後に試行回数を重ねれば突破できる%%%
%%%orさらに火力を上げれば事故る前に押し切れる、というのも関係しています。%%%
ただし、''上記で述べたように欠点も多くあるため、それを補うための強化が必須''です。
%%%各職業のバフデバフもいずれは取得し、セットする%%%ことを薦めます。
型落ちである八岐大蛇装備に需要があるのは、
それ以上の武器を入手するのが大変だからだと思います。
''戦闘開始時に1分間だけ火/風属性の属性攻撃力を80-100%強化するという、''
''とんでもない効果を持ちます。''
''&color(Maroon){※!!!森羅万象や攻属の先陣と効果が重複して打ち消されるので注意!!!};''
上記の通り、''符呪付きの装備は「契呪符」を使用して取引可能なので市で入手することが可能です。''
これを利用することで、''「疾風幻想」「鉄化」「神速」「瞬歩」といったスキルを''
''真髄化まで育成せずとも高レベルで使用することができます。''
%%%''以下はユーザーによって主張が異なる内容です。''%%%
%%%&color(Red){したがって本項に書かれていることを理由に、他者への押し付けを行わないでください。};%%%
-''低レベルのバフ・デバフは打たない''
つまり&color(Maroon){低レベルのデバフを使うと高レベルのデバフを消してしまう};、という仕様があります。
-''主催が盾を持ち込んでいるなら自分は刀式姫を連れて行かない''
-''自身が盾担当でなければ、敵視を稼ぎすぎない''
-''攻撃技を打ち切ったら退避する''
-沈''黙・スタンを受けても退避する''
-''MP回復アイテムを用意しておく''
-''強力な攻撃は退避する''
-''頭割りで即死するHPで挑まない・頭割りを退避しない''
''出陣中のプレイヤー全員で受けないと耐えられないような威力になっていることが多く、''
''退避してしまうと他のプレイヤーのパーティが崩壊してしまいます。''
''&color(Red){絶対に退避しないようにしましょう。};''
ただし、''「ファラを封印せしもの」が使う頭割りだけは例外''''的に退避推奨です''。
-'''……実際のところは?'''
'''実装から年単位経過しているボスも多く、大雑把に戦われていることが多いです。'''
'''特に日課や週課が存在するレイドコンテンツは、'''
'''プレイヤー側の火力のインフレの結果、瞬殺されることが珍しくありません。'''
'''『適正』な強さがなくて参戦しても、'''
'''ほとんどのボスは、見ているだけで討伐されるのが現状です。'''
全員が適正帯であった時に備え、きちんと準備しておくことが重要だと思います。
ぶっちゃけると%%%ブラックリストに入れられるのを防ぐ意味合いが強い%%%です。
ID:
1765439
編集日時:
2018-02-18 09:43:53
ページ名:
かくり用
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
この先のプレイについては「その後の世界」にまとめますが、チャートとして攻略するのはこのエリアが最後となります。

#region('''')


この先のエリアで追加される要素だったり、今までスルーしてきた内容のあれやこれやについて。
#region(''こっから先の事情'')
利根・富士・北上地方を順調にクリアしてきた主人公ですが、
この先の地方の難易度はさらに上がっていきます。
未育成の状態でごり押しできるのはそろそろ限界です。
物語を先に進めるにせよ、一度手を止めるにせよ、
今後は一定以上のパーティ育成が必要になってきます。


「では育成とは何ぞや」というのがこの項目の話になります。
パーティ内の主人公と式姫のステータスを上げることが「育成」です。
・式姫/主人公のステータスを強化
・装備を強化
・装備を強化するための素材集めや金策、レイド戦への参戦
・式姫/主人公のスキルを強化
そのために「憑依」「合体」「生産」「市」といったコンテンツが存在します。
本項目においては、これらの育成に話を絞って記すこととなります。


[[稼ぎプレイ]][[練磨武器]][[強化・符呪]][[キャラクター運用]]
船来:作成成功率が非常に低いうえにエンドコンテンツ産素材を用いる最高級武器。
練磨:[[練磨武器]]を参照。育成しきれば準最強クラスの武器。
無間:[[逢魔時無間当座]]を毎週クリアすることで得られる金貨と交換できる武器。
超龍:上位の武器に性能面で取って代わられ、かつ超龍神自体があまり募集されていないため、不遇。
上位の装備はいずれも入手が面倒だったり困難です。
無間はコストがかかりませんが戦力に応じたリアル時間の経過が、練磨はプレイの積み重ね、船来は自前で素材が賄えないと数百数千万かかることも。
安価で手に入る武器を見繕って繋ぎにするとよいでしょう。
型落ちである八岐大蛇装備に需要があるのは、つまるところそれ以上の武器を入手するのが大変だからだと思います。
実際はLv50~60程度でもけっこう高性能だったりします。Lv50でしたら必要Exp1380です。
将来的な準最終クラスの装備を用意しつつ、繋ぎとしても使えるという点で練磨武器は優秀です。
※全ての種類がすべての部位にあるわけではないため、四天や四神が最高性能という事もあります。
船来:武器と同様にエンドコンテンツ産。
極限:「呪妖輪・颶風」のように、装備できる職業が限定されている品。[[極限への道]]産。
鬼哭:[[大滝丸]]産の素材を用いた防具。作成成功率が低いため非常に高額。
四天:[[酒呑童子]]産の素材を用いた防具。成功率緩和とユーザー側のインフレで狩りやすくなった結果、2018年初現在ではは値下がりが進行している。
四神:[[アラハバキ]][[玉藻前]]および各種「四神」産素材を用いた防具。四天と同様、緩和されているため値下がりが進んでいる。
「四神」「四天」が性能のわりに安価であり、ここを目指すとよいでしょう。
また特筆して強力なのは、[[炎の魔人]][[血砂の女神]]から入手できる勾玉です。
戦闘開始時に火/風属性の属性攻撃力を80-100%強化するというとんでもない効果を持ちます。
上記の通り、符呪付きの装備は「契呪符」を使用して取引可能です。
これを利用することで、「疾風幻想」「鉄化」「神速」「瞬歩」といったスキルを
真髄化まで育成せずとも高レベルで使用することができます。

・主人公関連
[[キャラクター運用]]
#region(''攻撃役と回復役、主人公の特徴について'')
いまさらですが、主人公の特徴は以下になります。
ステータスは低いですが、
自前で多数覚える上に心技体でスキル育成ができます。。
副職業を用いて、全キャラ中唯一
複数職業の技術を用いることができます。
特性の少なさから盾役としての起用は難しいですが、支援ないし攻撃要員としては優秀です。
ちなみに変化試練を受けさえすれば職業関係なく好きな姿に変化できます。
まず必要なスキルをだいたい覚えます。
経験値さえ貯めれば序盤から高レベルのスキルを使いこなします。
(試練さえクリアすれば)衰力呪拾壱+衰知呪拾壱+中回復拾壱を扱えるわけですね。
式姫を合体させて衰力呪などを11以上にするのはかなり時間がかかります。
助っ人の項目で解説しますが、バフデバフは後からかけたものが優先となるため、
可能な限り高レベルを用いたいのです。
特性「明鏡止水」も非常に強力な特性です。
しかし、一部の重要スキルを自前で覚えません。
主人公に使わせたいなら憑依が必須となります。
攻撃要員としては……
刻剣+剣技が序盤から頭弐つ抜けた火力を誇ります。
自前で強力な剣技を覚えますから、スキルだけ見た場合は神話級の強さがあると言えます。
火力面は補う手段が大量にあるのですが、タフさを補う手段は驚くほど少ないです。
傾奇者や呪い師を設定した時に比べて火力が大幅に下がります。
強力すぎるがゆえに敵視を稼ぎすぎ、敵の攻撃で即死。
他方、剣豪以外の火力として用いる場合は、ある程度環境が整っている必要があります。
手持ちの式姫に左右されるため、非常に回答しにくいのですが……
回答するとすれば、火力がしたいのか支援がしたいのかに尽きると思います。
火力重視でサクサク進みたいなら剣豪+傾奇者をガンガン鍛えていけばいいでしょうし、
レイドでの貢献重視なら必要なバフデバフを先に取りに行ってもいいでしょう。
ヒーラーをしたい/させたいならまず巫女から鍛えればいいのです。

ちなみに物語攻略の高速化という観点で考えると、
火力重視の新規のほうが早く先に進んでいる傾向があるよう思えます。
#region(''これだけは取っとけ、というアレ'')
鉄化 拾壱:物理耐性を瞬間的に超強化。前衛に置くなら非常時に使えます。
死者の手:速度低下デバフで、無効化されない限り必須級です。
瞬歩:速度強化バフです。剣豪傾奇者で行くならぜひ。。
斧技・焦熱断:火剣豪をするなら是非。
戦技・鎧砕打:打デバフを入れつつ高火力の京スキル(別枠設定可)。火力向け。
衰力呪:物理弱体デバフ。拾壱まで上げれば真髄枠にも入れられます。
衰知呪:火水風弱体デバフ。同上で、火力でも回復でも必要な機会は多いです。
 ただし、戦法変化であるため他の戦法変化と重複できない点に注意。
※胴符呪を入れてからが本番なのですが、胴符呪できるくらい召喚しているなら式姫のスキルがそれだけ鍛えられているわけで、主人公で歌う機会は激減しているかもしれません。
※それでも有用なスキルなので一応記述します。
神速:まじない師/巫女を組み込むなら。できれば胴符呪で強化したいところ。
明鏡止水:敵視を下げる非常に優秀な特性です。
頂門の一撃:弱点属性を突いたときのダメージ増加特性。特性が少ない主人公ですし確保。
[[キャラクター運用]][[稼ぎプレイ]]
#region(''式姫の強さって?'')
「ステータスの高さ」+「スキルレベルの高さ」=式姫の強さです。
「自身のステータス」+「装備」+「ボーナス」+「心技体」+「憑依」+「熟練度」+「特性」+「方位神の加護」
となります。それぞれ見てみましょうか。
「ステータス」はレベルアップによって増えます。「昇段」によってレベルキャップを伸ばせます。
「装備」は装備を更新すれば増えます。「符呪」でさらに増えます。
「ボーナス」は式姫がレベルアップ時に一定確率で獲得できるポイントです。
主人公はボーナスが存在しません。
その代わりレベル上限・心技体の上限・五行値が高く設定されています。
「憑依」は憑依している式姫によるステータス補正です。
特性・装備・加護など、それ以外の補正は無視されます。
「熟練度」は戦闘中の行動によってたまるポイントです。
「ステータス」はレベルを上げればいいので、さくっと常夜虹でカンストを目指しましょう。
「ボーナス」は苦行ですが、やるとやらないとでは強さに大きな差ができます。
本チャートが長々と憑依まで進めてきたのも、常夜虹でレベル上げをする際に、
餌式姫を憑依させて育成し、ボーナスを稼ぐためといって過言ではありません。
「[[熟練度]]」はさらに苦行です。
数字を列挙しますと、攻撃熟練度をキャップの50まで上げるためには熟練度を上げるための行動を13万7326回とる必要があり、防御熟練度を同様に上げるには熟練度が上がる攻撃を7万920回受ける必要があるのです。
30までならこれの1/5以下で済むのですが、他の要素を優先したほうがよいでしょう。
まずレベルをキャップまで上げ、
次にボーナスを増やすための餌式姫を量産して合体を繰り返し、
[[助っ人]][[キャラクター運用]][[戦闘知識]]

以下はユーザーによって最適解が異なったり、あるいは主張が異なる内容です。
参考程度に留めてください。
また、意図的に強調しているものもあります。
バフデバフは後からかけたものが時間・効果ともに優先され、上書きされます。
つまり低レベルのデバフを使うと高レベルのデバフを消してしまう、という仕様があります。
そのため低レベルのバフデバフを撃つと他の参加者に迷惑になってしまうことも。
敵視を集める役が被ると、片方は完全に棒立ちになってしまいます。
レイドボスの攻撃力は盾以外が受けると即死~品詞になるような火力に調整されている事が多く、
盾が敵視を稼ぐのを確認してから全力を出すようにするとよいでしょう。
ボスと対峙できるのは3パーティ、参戦可能なパーティは最大10です。
通常攻撃のみで居座ってはいけません。
参戦者の数が多いレイドボス相手では
退避状態でも状態異常は回復するため、さっさと退避するのが正解です。
このゲームのスタンはスタン効果時間+行動ゲージリセットとなります。
その状態にスタンを重ねられることも割とあります。命中すればハメられます。
さくっと退避するのが賢明です。
「敵視を保持しているパーティは退避できない」というルールがあります。
脆い火力担当がボスの強力な攻撃で順番に叩き潰されていく、という事もありえます。
一部のボスは貯め行動の後に強烈な全体攻撃を仕掛けてきます。
数千のダメージを参戦キャラ全員で等分して受ける、という仕様です。
出陣中のプレイヤー全員で受けないと耐えられないような威力になっていることが多く、
退避してしまうと他のプレイヤーのパーティが崩壊してしまいます。
絶対に退避しないようにしましょう。
また、間違えて退避した場合は即出陣しましょう。
当然、直撃で即死するHPで挑むのは推奨されません。
ただし、「ファラを封印せしもの」が使う頭割りだけは例外的に退避推奨です。
-放置しない、餌式姫を連れて参戦しない
だめ、ぜったい
参戦中のプレイヤーが戦闘終了画面に移行できず、30秒間身動きが取れなくなるバグが存在します。
これを避けるために、格下の相手であっても即倒すのは避けたほうがよいでしょう。
過去のコンテンツは大雑把に戦われていることが多いです。
ぶっちゃけるとブラックリストに入れられるのを防ぐ意味合いが強いかもしれない。
-激レアチケ、船来激レアチケの用途
金召喚から激レア以上が確定となったので、相対的に重要度が低下しました。
それでも悩む人は[[よくある質問]]を参照するといいです。
あえて回答するなら
あたりが挙げられます。また盾を強化したいなら
「黒曜の構え」と「常夜の衣」を持つ真祖(船来激レア)
「龍神の眼光」で敵視の底上げをできるファラ(船来激レア)
も選択肢に入ります。
……というあたりでしょうか。
-友情ポイントについて
「鞄拡張+5」「所持式姫+5」「解呪札」「絆結びの紐」といった品が入手できます。
課金で取ろうとするとお高いので毎週上限まで入手しておきたいところ。


-蛇足
・傾奇者以外でスタートして、チャート通りに進めない低火力の場合
→入手した金の型紙などで火力式姫を引くのが手っ取り早い。初期配布の10連×3鯖で火力が引けない確率はものすごく低いと思う

・利根や富士龍神は週課募集している人に乗せてもらえ、と書いているが、
まともに育成できていない新規が群がって失敗することにならないか
育成については「その後の世界」にまとめますが、チャートとして攻略するのはこのエリアが最後となります。
今までスルーしてきたあれやこれやについて。
また、''ほぼ全編にわたって[[よくある質問]]および[[初心者ガイド]]が参考になります''。
利根・富士・北上地方とクリアしてきた主人公ですが、
この先の地方の難易度はさらに上がります。
育成をあまりせずごり押しできるのはそろそろ限界です。
今後は一定の育成が必要になってきます。
#br
では育成とは何ぞや、というのがこの項目の話になります。
''育成とは、パーティを強化することです''。
・式姫/主人公自身の''ステータスを強化''
・''装備を強化''
・装備を強化するための''素材集めや金策、レイド戦への参戦''
・式姫/主人公の''スキルを強化''。式姫の''進化・超化''
本項目においては、これら育成について記すこととなります。
#br
#br
[[キャラクター運用]]:各式姫の構成など
[[稼ぎプレイ]]:効率的なボーナスの稼ぎ方
[[式姫基礎知識]]:ボーナスポイントについての説明
[[合体]]:スキル育成の際の確率
[[進化]]:式姫進化について
育成、と言われたら真っ先に思いつくのが式姫自体の強化です。
実際にどうやって育成すればいいかを本項目では解説します。
#region(''式姫の強さって何?'')
&color(Silver){「ステータスの高さ」+「スキルレベルの高さ」=式姫の強さです。};
''「自身のステータス」+「装備」+「ボーナス」+「心技体」+「憑依」+「熟練度」+「特性」+「方位神の加護」となります。
#br''
#br
それぞれ見てみましょうか。
''「ステータス」はレベルアップ''によって増えます。
[[昇華の刻]]を攻略することでレベルキャップを伸ばせます。
''「装備」は装備を更新''すれば増えます。「符呪」でさらに増えます。
''「ボーナス」は式姫がレベルアップ時に一定確率で獲得できるポイント''です。
詳細は[[式姫基礎知識]]を参照してください。
''「憑依」は憑依している式姫によるステータス補正''です。
特性・装備・加護など、それ以外の補正は無視されますので注意が必要です。
''「熟練度」は戦闘中の行動によってたまるポイント''です。
#br
#br
「ステータス」はレベルを上げればいいので、
さくっと常夜虹や限でカンストを目指しましょう。
#br
#br
&color(Red){「ボーナス」は非常に重要です。};
''本チャートを駆け足で進めてきたのも、常夜虹でレベル上げをする際に、
餌式姫を憑依させて育成し、ボーナスを稼ぐためといって過言ではありません。''
上げ方を簡単に解説すると、
基本種の式姫を10体召喚して憑依させる
→常夜虹や限をクリアしてレベルを上げる
→一定のレベルまで上げたら憑依を解除し進化させる
(人による。14,5の人もいれば20まで上げる人もいる)
→再度憑依させ、レベルを上げて同じことを繰り返す。
となります。
なぜこのような手順を繰り返すかというと、
式姫は進化させた際に、進化後のレベル分レベルアップした判定がなされているからです。
レベルアップの機会=ボーナス付与の判定が行われている、となります。
つまり、''進化前の式姫のレベルを可能な限り上げることで、
進化後のレベル上げをある程度省略してボーナスを稼ぐことが可能''、という仕様になっています。
最上級亜種まで進化させた後、鍛えたい式姫に合体させるといいでしょう。
並行してスキルの育成にもなります。
#br
#br
「[[熟練度]]」は苦行です。
数字を列挙しますと、
攻撃熟練度をキャップの50まで上げるために、
熟練度を上げるための行動を''13万7326回''とる必要があり、
防御熟練度を同様に上げるには、
熟練度が上がる攻撃を''7万920回''受ける必要があるのです。
(30までならこれの1/5以下で済むのですが)
'''まずは他の要素を優先したほうがよいでしょう。'''
#br
#br
まず''レベルをキャップまで上げ''、
次に''ボーナスを増やすための餌式姫を量産して合体''を繰り返し、
#br
#br
#region(''式姫進化と超化について'')
式姫は進化させることで、新たなスキルを覚えたり、技・術枠が増えたり、外見が変わったりします。
絆結びを結ばない場合、上位レアリティのほうが優秀です。
※結んだ場合は同等になります。
#br
#br
基本種の進化には祠や霊廟で手に入る型紙が必要になります。
船来種の進化には船来種の型紙と古代や太古の型紙が必要になります。
レア種の進化には古代・太古・六壬の型紙が必要になります。
特例として、
上級亜種は最上級激レアへの進化ルートが存在します。
期間限定式姫は互換元の式姫に応じた進化先が存在します。
特別な式姫は進化できません。
#br
#br
激レア→超激レアの超化には四神産の宝玉が必要になります。
最上級激レア→超最上級激レアの超化には四帝産の素材が必要になりますが、料理でも作成できます。
最上級亜種激レア→超最上級亜種激レアの超化には超木曽ないし超熊野龍神産の素材が必要になります。
船来激レア→超船来激レアの進化には四帝産の素材と超利根~超信濃龍神産の素材が必要になります。
#br
#br
基本種の進化はスキル育成とボーナス獲得の面で重要ですが、本項では割愛します。
それ以外の''進化・超化のメリットは''、
''課金でないと手に入らない種族がゲーム内素材で入手''でき、
それらの所持する強力なスキルを入手できる点にあります。
これらを入手するため、龍神や船来激レアの祠を毎週倒すのが恒例となっている、というわけです。
#br
#br
必要素材の入手難易度について簡単に述べると
四神産の宝玉はある程度強くなればソロでも簡単に手に入ります。
四帝産の宝珠は料理で作成できるため文で解決できます。
超龍神産の宝珠のうち、
利根~北上龍の宝珠については料理で作成できます。
信濃龍の宝珠も料理で作成できるのですが、素材の入手がかなりしんどいです。
木曽・熊野龍の宝珠は料理で作成できず、それぞれ超龍神と真っ向勝負となるため入手難易度が高いです。
……という感じになっています(2018年初現在)。
超龍神産の宝珠を除けばそこまで入手は難しくはないのですが、
''大量の型紙と霊珠を必要とするので実際に超化するなら1か月コースです。''
#br
#br
廃課金プレイヤーなら課金でどうとでもなるかもしれませんが、
普通のプレイヤーはコツコツ目指すことになるでしょう。
#br
#br
・主人公について
[[キャラクター運用]]:主人公の運用など
[[職業]]:各職業について
いまさらですが、主人公の特徴と運用について。
チャート上では火力を担当させてきましたが、回復を担当させても優秀です。
どちらを選ぶかは手持ちの式姫との兼ね合いと、
プレイヤー各々が主人公をどう使いたいかで決めればよいと思います。
#region(''主人公の特徴について'')
式姫と比較して、
ボーナスが存在せず、ステータスは低めですが、
自前で多数覚える上に、心技体でスキル育成ができます。
副職業を用いて、全キャラ中唯一複数職業の技術を用いることができます。
特性の少なさから盾役としての起用は難しいですが、
支援ないし攻撃要員としては優秀です。
ちなみに変化試練を達成しさえすれば職業関係なく好きな姿に変化できますが、
遠征地では強制的に主人公の姿となります。
#br
#br
まず''必要なスキルをだいたい覚えます''。
経験値さえ貯めれば高レベルのスキルを使いこなします。
※式姫を合体させて衰力呪などを11以上にするのはかなり時間がかかります。
助っ人の項目で解説しますが、
バフデバフは後からかけたものが優先となるため、可能な限り高レベルを用いたいのです。
#br
しかし、''一部の重要スキルを自前で覚えません''。
主人公に使わせたいなら憑依が必須となり、憑依枠が固定になります。
#br
#br
攻撃要員としては、
''刻剣+剣技が序盤から頭弐つ抜けた火力を誇ります。''
自前で強力な剣技を覚えますから、攻撃面だけ見た場合は神話級の強さがあると言えます。
火力面は補う手段が大量にあるのですが、''タフさを補う手段は驚くほど少ない''です。
傾奇者や呪い師を副職業に設定した時に比べて火力が大幅に下がります。
強力すぎるがゆえに敵視を稼ぎすぎ、敵の攻撃で即死……
他方、剣豪以外の火力を用いる場合は、ある程度環境が整っている必要があります。
#br
#br
&color(Red){一般論としては
「好きな方」「主人公にさせたい方」「手持ちの式姫との兼ね合い」};となるのですが、
ここでは一歩踏み込んでみたいと思います。かなり%%%作成者の主観が混じるため注意してください%%%。
#br
#br
主人公は回復役としては超激レア級、火力としては京・神話級だと考えます。
従って神話級の攻撃スキルで式姫で固められない限り、火力運用をするのが良いでしょう。
新規プレイヤーのストーリー進行度を見ていても、
巫女運用している人より、剣豪運用をしている人のほうが
ストーリーを先に進めるのが早い傾向にあるよう見受けられます''(個人の体感です)''。
%%%これはストーリーの難所を突破する際に、
一定の火力を用意した後に試行回数を重ねれば突破できる
orさらに火力を上げれば事故る前に押し切れる、というのも関係しています。%%%
'''''レベルを上げて物理で殴れ''とはよく言ったものです。'''
ただし、上記で述べたように欠点も多くあるため、それを補うための強化が必須です。
具体的には装備を強化する、回復役の式姫を強化して補助させる等が挙げられます。
加えて言うと、火力が伸び切らないうちはレイド戦であまり活躍できないため、
各職業のバフデバフもいずれは取得し、セットすることを薦めます。
#endregion
#br
#br
#region(''これだけは取っとけ的な'')
主にバフデバフ、および他職で使いたいスキルについて。
攻撃面は自職なら使うので割愛します。
鉄化:物理耐性を瞬間的に超強化。前衛に置くなら非常時に使えます。
''死者の手'':速度低下デバフで、無効化されない限り必須級です。
''瞬歩'':速度強化バフです。剣豪傾奇者で行くならぜひ。。
''斧技・焦熱断'':火剣豪をするなら是非。打攻が低めでもすさまじいダメージを叩き出します。
''戦技・鎧砕打'':打デバフを入れつつ高火力の京スキル(別枠設定可)。火力向け。
''衰力呪'':物理弱体デバフ。拾壱まで上げれば真髄枠にも入れられます。こちらも必須級。
''衰知呪'':火水風弱体デバフ。同上で、火力でも回復でも必要な機会は多いです。
※戦法変化であるため他の戦法変化と重複できない点に注意。
''神速'':まじない師or巫女を組み込むなら。
できれば胴符呪で強化したいところですが、神速自体がかなり入手しにくいです。
''明鏡止水'':敵視を下げる非常に優秀な特性です。
頂門の一撃:弱点属性を突いたときのダメージ増加。
#endregion
#br
#br
[[稼ぎプレイ]]:金策というか稼ぎ全般について。
[[練磨武器]]:練磨武器について。
[[強化・符呪]]:といいつつほぼ符呪のページ。
[[キャラクター運用]]:各式姫や主人公の装備についても触れられています。
#br
#br
とりあえず''佐倉なり大多喜なりマラソンしてればある程度は稼げます''。
鏡池でサケ釣るのもまだ多少は稼げます。
ボス素材は助っ人だけだと運が絡むため自発に絡みたいところですが、
ある程度戦力が欲しいかもしれません。
生産関連は博打です。'''失敗が続くととたんに赤字'''になります。
強化ボスや週課は固定で稼げます。コレを''全部するだけでも月数M''です。
強敵討伐も文が固定ですが、これはちょっと先のエリアじゃないと小銭程度です。
#br
''船来'':作成成功率が非常に低いうえにエンドコンテンツ産素材を用いる最高級武器。
''練磨'':[[練磨武器]]を参照。育成しきれば準最強クラスの武器。
''無間'':[[逢魔時無間当座]]を毎週クリアすることで得られる金貨と交換できる武器。
''超龍'':上位の武器に性能面で取って代わられ、かつ超龍神自体があまり募集されていないため、不遇。
&color(Red){上位の装備はいずれも入手が面倒だったり困難です。};
無間はコストがかかりませんが戦力に応じたリアル時間の経過が、
練磨はプレイの積み重ね、船来は自前で素材が賄えないと数百数千万かかることも。
''安価で手に入る武器を見繕って繋ぎにするとよいでしょう。''
'''型落ちである八岐大蛇装備に需要があるのは、
それ以上の武器を入手するのが大変だからだと思います。'''
%%%実際はLv50~60程度でもけっこう高性能だったりします。%%%Lv50でしたら必要Exp1380です。
将来的な準最終クラスの装備を用意しつつ、''繋ぎとしても使える''という点で練磨武器は優秀です。
※全ての種類がすべての部位にあるわけではないため、
※四天や四神が最高性能という事もあります。
''船来'':武器と同様にエンドコンテンツ産。種類はあまりない。
''極限'':「呪妖輪・颶風」のように、装備できる職業が限定されている品。[[極限への道]]産。
''鬼哭'':[[大滝丸]]産の素材を用いた防具。作成成功率が低いため非常に高額だが、四天・四神のほぼ上位互換の性能を誇る。。
''四天'':[[酒呑童子]]産の素材を用いた防具。成功率緩和とユーザー側のインフレで狩りやすくなった結果、2018年初現在ではは値下がりが進行している。
''四神'':[[アラハバキ]][[玉藻前]]および各種「四神」産素材を用いた防具。四天と同様、緩和されているため値下がりが進んでいる。
&color(Red){「四神」「四天」が性能のわりに安価であり、これを目指すとよいでしょう。};
また&color(Red){特筆して強力なのは、[[炎の魔人]][[血砂の女神]]から入手できる勾玉です。};
戦闘開始時に''1分間だけ火/風属性の属性攻撃力を80-100%強化するという、
とんでもない効果を持ちます。''
&color(Maroon){※!!!森羅万象や攻属の先陣と効果が重複して打ち消されるので注意!!!};
上記の通り、''符呪付きの装備は「契呪符」を使用して取引可能なので、
市で入手することが可能です。''
「無縫解呪札」が貴重品なので悩ましいところですが、相応の強化に繋がります。
これを利用することで、「''疾風幻想」「鉄化」「神速」「瞬歩」といったスキルを
真髄化まで育成せずとも高レベルで使用することができます。''
[[助っ人]]:助っ人関連の基本について
[[キャラクター運用]]:3人PT時の構成について
[[戦闘知識]]:文字通り戦闘関連の知識について。
進化・超化で述べた通り、型紙を集めればゲーム内素材で上位の課金レア式姫が手に入ります。
ですがそのためには、強力なレイドボスと戦わなければなりません。
本項においてはその際の注意点を記述します。
レイドボスの各性能についてはそれぞれのページを参考にしてください。
また各種龍神についてはwikiのトップページから出現期間とともに確認できます。
%%%'''以下はユーザーによって主張が異なる内容です。
したがって本項に書かれていることを理由に、他者への押し付けを行わないでください。'''%%%
''バフデバフは後からかけたものが時間・効果ともに優先され、上書きされます。''
つまり&color(Silver){低レベルのデバフを使うと高レベルのデバフを消してしまう};、という仕様があります。
そのため低レベルのバフデバフを撃つと他の参加者に迷惑になってしまいます。
敵視を集める役が被ると、''片方は完全に棒立ち''になってしまいます。
レイドボスの攻撃力は盾以外が受けると即死~瀕死になるよう調整されている事が多く、
''盾が敵視を稼ぐのを確認してから全力を出す''ようにするとよいでしょう。
ボスと対峙できるのは3パーティ、参戦可能なパーティは最大10パーティです。
&color(Red){通常攻撃のみで居座ってはいけません。};
参戦者の数が多いレイドボス相手では、
''退避状態でも状態異常は回復するため、さっさと退避''するのが正解です。
このゲームのスタンはスタン効果時間行動停止+行動ゲージリセットとなります。
その状態にスタンを重ねられることも割とあります。
……つまり、ハメられます。さくっと退避するのが賢明です。
''「敵視を保持しているパーティは退避できない」というルールがあります。''
脆い火力がボスの強力な攻撃で順番に叩き潰されていく、という事もありえます。
一部のボスは''貯め行動の後に強烈な全体攻撃''を仕掛けてきます。
数千のダメージを参戦キャラ全員で等分して受ける、という攻撃です。
''出陣中のプレイヤー全員で受けないと耐えられないような威力になっていることが多く、
退避してしまうと他のプレイヤーのパーティが崩壊してしまいます。''
&color(Silver){絶対に退避しないようにしましょう。};
''また、間違えて退避した場合は即出陣しましょう。''
&color(Maroon){当然、直撃で即死するHPで挑むのは推奨されません。};
ただし、''「ファラを封印せしもの」が使う頭割りだけは例外''的に退避推奨です。
-参戦放置しない、餌式姫を連れて参戦しない
ブラックリスト入りされてもおかしくない行為筆頭です。
だめ、ぜったい。
戦闘終了画面に移行できず、30秒間身動きが取れなくなるバグが存在します。
これを避けるために、格下の相手であっても瞬殺は避けたほうがよいでしょう。
実装から年単位経過しているボスも多く、大雑把に戦われていることが多いです。
※もちろん、エンドコンテンツに近いボスは別です。
ぶっちゃけるとブラックリストに入れられるのを防ぐ意味合いが強いです。
上記以外の内容を。
#region(''激レアチケ、船来激レアチケの用途'')
妖の御石を納品することで1枚ずつ手に入るほか、イベント・実績での配布もあります。
さて、金召喚から激レア以上が確定となったので、相対的に重要度が低下しました。
それでもあえて回答するなら
あたりが挙げられます。
[[よくある質問]]も参照してみてください。
#endregion
ID:
1757565
編集日時:
2018-02-17 03:51:59
ページ名:
かくり用
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
サーバー毎の流通事情が時期によって異なるため、これが完璧な金策だ!というのは挙げられません。
#region(''攻撃役と回復役、優先して鍛えるべきは?'')
心技体の必要経験値が非常に少なく、五行値が圧倒的に高く憑依で補えます。
特性の少なさから盾役としての起用は難しいが、支援ないし攻撃要員としては優秀です。
※蛇足ですが作成者は半年以上プレイして届いてません。
主人公の鍛えられる範囲でのバフデバフ、
がレイドにおける一つの境界線になると思います。
弓で「混元連弓」やる場合は「連弓神輿」を所持する式姫がいる必要がありますし、
神速も参ではそこまで早くありませんし。
環境が整わずとも自前で覚えられるスキル群で組める「剣豪+傾奇者」が早熟で単純に強いです。
-運用
[[キャラクター運用]]が詳しいためそちらを参照してください。こちらでは簡単に。
となります。おさらいになりますが、それぞれ見てみましょうか。
例えば武士が通常攻撃を1回すれば、斬熟練度が+1される、というわけです。
[[助っ人]]参戦時の注意点について。
固定されたルールではもちろんなく、
暗黙の了解であるとすら言えないかもしれません。参考程度に留めてください。
-バフデバフは後からかけたものが時間・効果ともに優先され、上書きされる。
低レベルのデバフを使うと高レベルのデバフを消してしまう、という仕様があります。
※敵の使用する「衰退(被ダメージ増加)」のような例外あり
-「頭割り」という概念について
----
#region('''')
#endregion


・「かくりよの門」の物語の難易度について
#region(''こっから先の事情'')
利根・富士・北上地方を順調にクリアしてきた主人公ですが、
この先の地方の難易度はさらに上がっていきます。
未育成の状態でごり押しできるのはそろそろ限界です。
物語を先に進めるにせよ、一度手を止めるにせよ、
今後は一定以上のパーティ育成が必要になってきます。


「では育成とは何ぞや」というのがこの項目の話になります。
パーティ内の主人公と式姫のステータスを上げることが「育成」です。
具体的には
・式姫/主人公のステータスを強化
・装備を強化
・装備を強化するための素材集めや金策、レイド戦への参戦
・式姫/主人公のスキルを強化
が挙げられるでしょう。
そのために「憑依」「合体」「生産」「市」といったコンテンツが存在します。
本項目においては、これらの育成に話を絞って記すこととなります。
#endregion


サーバー毎の流通事情が時期によって異なるため、
これが完璧な金策だ!というのは挙げられません。
#region(''攻撃役と回復役、主人公の特徴について'')
心技体の必要経験値が非常に少なく、心技体を強化することである程度補えます。
また五行値が圧倒的に高く、完全憑依を2体同時に行えます。
特性の少なさから盾役としての起用は難しいですが、支援ないし攻撃要員としては優秀です。
主人公の鍛えられる範囲でのバフデバフが、レイドにおける一つの境界線になると思います。
環境が整わずとも
自前で覚えられるスキル群で組める「剣豪+傾奇者」が早熟で単純に強いです。
となります。それぞれ見てみましょうか。
例えば武士が刀を装備して通常攻撃を1回すれば、斬熟練度が+1される、というわけです。

#region(''[[助っ人]]参戦時の注意点'')
参考程度に留めてください。
また、意図的に強調しているものもあります。
-低レベルのバフ・デバフは打たない。
バフデバフは後からかけたものが時間・効果ともに優先され、上書きされます。
つまり低レベルのデバフを使うと高レベルのデバフを消してしまう、という仕様があります。
チャートを通り過ぎた初心者プレイヤーには辛い話ですが、
目安としては主人公の心技体で上げられる範囲は確保できるといいでしょう。
-主催が盾を持ち込んでいるなら自分は刀式姫を連れて行かない
刀式姫は敵視稼ぎと防御に特化していることが多く、
敵視を集める役が被ると、片方は完全に棒立ちになってしまいます。
主催が盾を明言している場合は、刀式姫を下げて火力・回復を担当しましょう。
-自身が盾担当でなければ、敵視を稼ぎすぎない
盾が敵視を稼ぐ速度よりも早く敵視を稼いでしまうと、自分が狙われることになります。
レイドボスの攻撃力は盾以外が受けると即死~品詞になるような火力に調整されている事が多く、
下手な直撃はパーティの半壊に繋がります。
盾が敵視を稼ぐのを確認してから全力を出すようにするとよいでしょう。
#br
-攻撃技を打ち切ったら退避する
ボスと対峙できるのは3パーティ、参戦可能なパーティは最大10です。
通常攻撃のみで居座ってはいけません。
参戦者の数が多いレイドボス相手では
スキルを打ち切ったプレイヤーは退避し、別プレイヤーにバトンタッチすることが可能なのです。
#br
#br
-沈黙・スタンを受けても退避する
退避状態でも状態異常は回復するため、さっさと退避するのが正解です。
特にスタンなのですが、
このゲームのスタンはスタン効果時間+行動ゲージリセットとなります。
そのため、スタン状態から復帰した自パーティの行動ゲージは0からスタートとなるのです。
敵の行動はランダムであることが結構多いので、
その状態にスタンを重ねられることも割とあります。命中すればハメられます。
さくっと退避するのが賢明です。
#br
#br
-MP回復アイテムを用意しておく
「敵視を保持しているパーティは退避できない」というルールがあります。
そのため盾を担当するプレイヤーは退避することができません。
味方の火力が足りなければ必然的に、より長い時間敵の前面に立ち続けることになります。
盾担当の刀式姫、および回復担当のMPが枯渇し、盾が機能しなくなってしまうと、
脆い火力担当がボスの強力な攻撃で順番に叩き潰されていく、という事もありえます。
そのため、長期戦に備えてMP回復アイテムを保持しておき、
盾のMPが足りなくなるようなら適時使ってあげると喜ばれるでしょう。
#br
#br
-強力な攻撃は退避する
一部のボスは貯め行動の後に強烈な全体攻撃を仕掛けてきます。
そのため敵の攻撃が来る前に退避してしまいましょう。
当たらなければどうという事はありません。回避した後で再出し反撃です。
#br
#br
-頭割りで即死するHPで挑まない・頭割りを退避しない
[[信濃龍神]]あたりから「頭割り」という手段で攻撃をしかけてくるボスがいます。
数千のダメージを参戦キャラ全員で等分して受ける、という仕様です。
その際「頭」というアイコンが出陣中のキャラの上に表示され、これが予告となります。
出陣中のプレイヤー全員で受けないと耐えられないような威力になっていることが多く、
退避してしまうと他のプレイヤーのパーティが崩壊してしまいます。
絶対に退避しないようにしましょう。
また、間違えて退避した場合は即出陣しましょう。
当然、直撃で即死するHPで挑むのは推奨されません。
ただし、「ファラを封印せしもの」が使う頭割りだけは例外的に退避推奨です。
これはダメージではなく状態異常なので、被弾するパーティは少ないほうがいいのです。
#br
#br
-慣れないうちはワンテンポ置いて参戦する
最初にボスと対峙するのは自発プレイヤーと、「参戦」を早く押したプレイヤーのパーティです。
ならば可能な限り手馴れていて、強いプレイヤーに先発してもらった方が楽となります。
ある程度慣れるまでは控えに回ることも肝要です。
#br
#br
-放置しない、餌式姫を連れて参戦しない
だめ、ぜったい
#br
#br
-強くなったからといって瞬殺しない
運営によると「バグ」らしいのですが、
参戦中のプレイヤーの画面更新中に敵を撃破してしまうと、
参戦中のプレイヤーが戦闘終了画面に移行できず、30秒間身動きが取れなくなるバグが存在します。
これを避けるために、格下の相手であっても即倒すのは避けたほうがよいでしょう。
#br
#br
-……実際のところは?
過去のコンテンツは大雑把に戦われていることが多いです。
特に日課や週課が存在するレイドコンテンツは、
プレイヤー側の火力のインフレの結果、瞬殺されることが珍しくありません。
『適正』な強さがなくて参戦しても、
ほとんどのボスは、見ているだけで討伐されるのが現状です。
#br
#br
ですが、参戦者全員が適正帯の強さである場合はぎりぎりの戦いになる事もあります。
そも『適正とは何ぞや』という話は割愛しますが、
全員が適正帯であった時に備え、きちんと準備しておくことが重要です。
#br
#br
ぶっちゃけるとブラックリストに入れられるのを防ぐ意味合いが強いかもしれない。
#endregion
#br
#br
金召喚から激レア以上が確定となったので、相対的に重要度が低下しました。
またピックアップの対象が超式姫以下にも拡大されるため、狙い撃ちもしやすくなります。
あまり悩まず決めても特に問題ないでしょう。
それでも悩む人は[[よくある質問]]を参照するといいです。
あえて回答するなら
回復が貧弱なら「大回復」持ちのおゆき(激レア)
「魂呼び」を持っていないならアスモデウス(船来激レア)
が優先されるでしょうか。
火力を底上げしたいなら
物理職全般に有効な「剛力神輿」を持つ鈴鹿御前(激レア)
各種旋風を持ちMP回復特性を持ち進化させることで「神速」を覚えるおつの(激レア)
超化させることで「豪射」を覚えるバステト(船来激レア)
「森羅万象」を持ち、超化させることで「混元印」を覚える太上老君(船来激レア)
あたりが挙げられます。また盾を強化したいなら
「黒曜の構え」と「常夜の衣」を持つ真祖(船来激レア)
「龍神の眼光」で敵視の底上げをできるファラ(船来激レア)
も選択肢に入ります。
……というあたりでしょうか。
#br
#br
「鞄拡張+5」「所持式姫+5」「解呪札」「絆結びの紐」といった品が入手できます。
課金で取ろうとするとお高いので毎週上限まで入手しておきたいところ。


-蛇足
・傾奇者以外でスタートして、チャート通りに進めない低火力の場合
→入手した金の型紙などで火力式姫を引くのが手っ取り早い。初期配布の10連×3鯖で火力が引けない確率はものすごく低いと思う

・利根や富士龍神は週課募集している人に乗せてもらえ、と書いているが、
まともに育成できていない新規が群がって失敗することにならないか
ID:
1724511
編集日時:
2018-02-12 20:31:07
ページ名:
かくり用
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
本チャートは急ぎ足で物語を進めていますが、ゆっくりプレイするなら途中途中で育成を挟んでも問題ありません。
また本チャートから外れたプレイを行ってしまっても、クリアするまでの時間が大幅に伸びてしまうという事もありません。
#br
#br
また、本チャートは急ぎ足で物語を進めていますが、ゆっくりプレイするなら途中途中で育成を挟んでも問題ありません。
ID:
1724475
編集日時:
2018-02-12 20:26:45
ページ名:
かくり用
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
一応、物語攻略の高速化という観点で考えると火力重視の新規のほうが
先に進んでいるのは早い傾向があると思います。。
死者の手 七:速度低下デバフで、無効化されない限り必須級です。
瞬歩 七:速度強化バフです。剣豪傾奇者で行くならぜひ。。
生断 六:リジェネ阻害デバフです。リジェネ持ちのボスは多く、後半戦は必須級。
斧技・焦熱断 参:火剣豪をするなら是非。余裕ができたら心技体で育成を。
戦技・鎧砕打 壱:打デバフを入れつつ高火力の京スキル(別枠設定可)。火力向け。
衰力呪 拾壱:物理弱体デバフ。拾壱まで上げれば真髄枠にも入れられます。
衰知呪 拾壱:火水風弱体デバフ。同上で、火力でも回復でも必要な機会は多いです。
詩歌:疾風幻想 参:参戦者全員を加速するバフ。ソロでもレイドでも有用。
火焔旋風 六:火剣豪の副砲として。まじない師を使うなら攻撃術として。
蒼鷹旋風 壱:風属性の京術で、このスキルで敵を倒すとMPが回復します。
 職業制限があるため、まじない師を主副どちらかに組み入れるならぜひ。
中回復or天女の祈り 拾壱:術の真髄枠に。
天女の奇跡 七:全体回復は有用です。
扇技・護法障壁 六:団扇持ちの職業なら起用しておきたい。バリアを貼るスキル。
大回復 七:単体回復の鉄板。術枠が余っているなら火力でも起用できます。
明鏡止水 壱:敵視を下げる非常に優秀な特性です。
頂門の一撃 伍:弱点属性を突いたときのダメージ増加特性。特性が少ない主人公ですし確保。
・イベント
そのため低レベルのバフデバフ
助っ人NG行為とか
主催が盾なのに刀式姫連れて参加
餌(ボーナス・スキル餌)を連れて参加
低火力居座り/退避放置
-蛇足 [#p02f8ede]
・傾奇者以外でスタートして、チャート通りに進めない低火力の場合
→入手した金の型紙などで火力式姫を引くのが手っ取り早い。初期配布の10連×3鯖で火力が引けない確率はものすごく低いと思う
・利根や富士龍神は週課募集している人に乗せてもらえ、と書いているが、
まともに育成できていない新規が群がって失敗することにならないか
「かつて利根龍神が実装されたころは、当時のエンドコンテンツでしたが
今は中堅クラスのプレイヤーでもソロ討伐可能なボスになっています。
また週課達成のため、強いプレイヤーも助っ人として参戦することから、
『適正』な強さがなくて参戦しても、おそらく見ているだけで討伐されるでしょう」
「他方、適正レベルのプレイヤーが戦うにはまだまだ凶悪なボスと言えます
そも『適正とは何ぞや』という話は割愛しますが、
全員が適正帯であった時に備え、万一の為にきちんと準備しておくことが重要です」
・剣豪主人公で突き進んでいるが、
低火力紙防御でレイド参戦するプレイヤーが増えることに繋がらないか
巫女主人公を軽視してないか。低戦力とこよでも衰力とか衰知とか死者鍛えて回復役すれば活躍できるんじゃ。
ちなみに物語攻略の高速化という観点で考えると、
火力重視の新規のほうが早く先に進んでいる傾向があるよう思えます。
死者の手:速度低下デバフで、無効化されない限り必須級です。
瞬歩:速度強化バフです。剣豪傾奇者で行くならぜひ。。
生断:リジェネ阻害デバフです。リジェネ持ちのボスは多く、後半戦は必須級。
斧技・焦熱断:火剣豪をするなら是非。
戦技・鎧砕打:打デバフを入れつつ高火力の京スキル(別枠設定可)。火力向け。
衰力呪:物理弱体デバフ。拾壱まで上げれば真髄枠にも入れられます。
衰知呪:火水風弱体デバフ。同上で、火力でも回復でも必要な機会は多いです。
詩歌:疾風幻想:参戦者全員を加速するバフ。ソロでもレイドでも有用。
神速:まじない師/巫女を組み込むなら。できれば胴符呪で強化したいところ。
中回復or天女の祈り:術の真髄枠に。
天女の奇跡:全体回復は有用です。
扇技・護法障壁:団扇持ちの職業なら起用しておきたい。バリアを貼るスキル。
大回復:単体回復の鉄板。術枠が余っているなら火力でも起用できます。
明鏡止水:敵視を下げる非常に優秀な特性です。
頂門の一撃:弱点属性を突いたときのダメージ増加特性。特性が少ない主人公ですし確保。
#region(''式姫の強さって?'')
「ステータスの高さ」+「スキルレベルの高さ」=式姫の強さです。
スキルレベルは延々と合体させ続けて上げればいいのですが、問題はステータス。
かくりよの門における式姫のステータスは
「自身のステータス」+「装備」+「ボーナス」+「心技体」+「憑依」+「熟練度」+「特性」+「方位神の加護」
となります。おさらいになりますが、それぞれ見てみましょうか。
「ステータス」はレベルアップによって増えます。「昇段」によってレベルキャップを伸ばせます。
「装備」は装備を更新すれば増えます。「符呪」でさらに増えます。
「ボーナス」は式姫がレベルアップ時に一定確率で獲得できるポイントです。
ステータスの「ボーナス」の項目に、 12/194 のように表示されています。
合体しても引き継がれます。絆結びで上限が伸びます(例外あり)。
主人公はボーナスが存在しません。
その代わりレベル上限・心技体の上限・五行値が高く設定されています。
「憑依」は憑依している式姫によるステータス補正です。
憑依している式姫の(「ステータス」+「ボーナス」+「心技体」+「熟練度」)×3or8%分増えます。
特性・装備・加護など、それ以外の補正は無視されます。
「熟練度」は戦闘中の行動によってたまるポイントです。
例えば武士が通常攻撃を1回すれば、斬熟練度が+1される、というわけです。
現時点では30が上限で、「黄泉比良坂」で入手できる品を利用することで50上限にまで上げられます。
「特性」は現時点でセットしている特性による補正です。
「方位神の加護」は加護盤による補正です。
「ステータス」はレベルを上げればいいので、さくっと常夜虹でカンストを目指しましょう。
昇華の間で戦えるようになったら昇段を狙うことでさらに伸ばせます。
「装備」は自作なり購入なりで更新できます。
「ボーナス」は苦行ですが、やるとやらないとでは強さに大きな差ができます。
本チャートが長々と憑依まで進めてきたのも、常夜虹でレベル上げをする際に、
餌式姫を憑依させて育成し、ボーナスを稼ぐためといって過言ではありません。
詳細は[[稼ぎプレイ]]を参照してください。
「心技体」はレベル上げの延長上にあります。カンストして後さらに経験を稼ぐと伸ばせます。
長所を伸ばすように鍛えていくとよいでしょう。
「[[熟練度]]」はさらに苦行です。
数字を列挙しますと、攻撃熟練度をキャップの50まで上げるためには熟練度を上げるための行動を13万7326回とる必要があり、防御熟練度を同様に上げるには熟練度が上がる攻撃を7万920回受ける必要があるのです。
30までならこれの1/5以下で済むのですが、他の要素を優先したほうがよいでしょう。
上げるコツについては[[熟練度]]を参照してください。
「特性」についてはスキル上げとほぼ同意で、「方位神の加護」についてはオマケのようなものです。
#br
初心者目線としては、式姫育成は
まずレベルをキャップまで上げ、
次にボーナスを増やすための餌式姫を量産して合体を繰り返し、
ボーナス最大値を目指していくもの、と考えてもらって大丈夫です。
同時に金策/素材入手を行い装備を購入・自作する事でさらに強化できます。
それらがひと段落したらもう上級者になっていることでしょう。
#endregion
#br
そのため低レベルのバフデバフを撃つと他の参加者に迷惑になってしまうことも。

-激レアチケ、船来激レアチケの用途
ID:
1721364
編集日時:
2018-02-12 09:13:20
ページ名:
かくり用
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報

#region(''攻撃役と回復役、優先して鍛えるべきは?'')
いまさらですが、主人公の特徴は以下になります。
ステータスは低いですが、
心技体の必要経験値が非常に少なく、五行値が圧倒的に高く憑依で補えます。
式姫からスキルの移植ができませんが、
自前で多数覚える上に心技体でスキル育成ができます。。
副職業を用いて、全キャラ中唯一
複数職業の技術を用いることができます。
主人公専用職「符術師」「剣豪」を扱えます。
特性の少なさから盾役としての起用は難しいが、支援ないし攻撃要員としては優秀です。
ちなみに変化試練を受けさえすれば職業関係なく好きな姿に変化できます。
回復・支援要員としては、
まず必要なスキルをだいたい覚えます。
「大回復」「疾風幻想」「本命星供」「天女の奇跡」
「死者の手」「衰力呪」「衰知呪」「護法障壁」……
……と、まともに揃えようとしたらかなり時間なり課金がかかるスキル群を賄えます。
心技体による強化が非常に強力で、
経験値さえ貯めれば序盤から高レベルのスキルを使いこなします。
(試練さえクリアすれば)衰力呪拾壱+衰知呪拾壱+中回復拾壱を扱えるわけですね。
式姫を合体させて衰力呪などを11以上にするのはかなり時間がかかります。
※蛇足ですが作成者は半年以上プレイして届いてません。
助っ人の項目で解説しますが、バフデバフは後からかけたものが優先となるため、
可能な限り高レベルを用いたいのです。
主人公の鍛えられる範囲でのバフデバフ、
がレイドにおける一つの境界線になると思います。
特性「明鏡止水」も非常に強力な特性です。
しかし、一部の重要スキルを自前で覚えません。
「魂呼び」「衰神呪」といった重要なスキルを覚えないため、
主人公に使わせたいなら憑依が必須となります。
また「清水」「神速」といったスキルもなぜかスキルレベルを上げられないため、
胴符呪を利用して上げるか、憑依させるしか高レベルの該当スキルを扱うことができません。
#br
#br
攻撃要員としては……
すでにチャートを剣豪で駆け抜けた人は分かると思いますが、
刻剣+剣技が序盤から頭弐つ抜けた火力を誇ります。
自前で強力な剣技を覚えますから、スキルだけ見た場合は神話級の強さがあると言えます。
ただし、ステータスの低さが足を引っ張ります。
火力面は補う手段が大量にあるのですが、タフさを補う手段は驚くほど少ないです。
副職業を武士にして「護りの構え」などで補うことは可能ですが、
傾奇者や呪い師を設定した時に比べて火力が大幅に下がります。
全職業中もっとも脆い剣豪+火力を活かすために前列配置ですと、
強力すぎるがゆえに敵視を稼ぎすぎ、敵の攻撃で即死。
蘇生して刻剣かけなおしてる間にまた即死。なんてことが頻発します。
そのため少しでも格上相手に起用するとリスクが跳ね上がります。
他方、剣豪以外の火力として用いる場合は、ある程度環境が整っている必要があります。
弓で「混元連弓」やる場合は「連弓神輿」を所持する式姫がいる必要がありますし、
神速も参ではそこまで早くありませんし。
環境が整わずとも自前で覚えられるスキル群で組める「剣豪+傾奇者」が早熟で単純に強いです。
#br
#br
最終的にはすべて育成して使い分けるのが最善ですが、
初心者からすれば「週1回しか常夜虹に行けないんだから、どっち先にすればいいんだよ」
となると思います。
手持ちの式姫に左右されるため、非常に回答しにくいのですが……
回答するとすれば、火力がしたいのか支援がしたいのかに尽きると思います。
火力重視でサクサク進みたいなら剣豪+傾奇者をガンガン鍛えていけばいいでしょうし、
レイドでの貢献重視なら必要なバフデバフを先に取りに行ってもいいでしょう。
ヒーラーをしたい/させたいならまず巫女から鍛えればいいのです。
#br
#br
一応、物語攻略の高速化という観点で考えると火力重視の新規のほうが
先に進んでいるのは早い傾向があると思います。。
#endregion

#br
#br
#region(''これだけは取っとけ、というアレ'')
武士
鉄化 拾壱:物理耐性を瞬間的に超強化。前衛に置くなら非常時に使えます。
槍術師
死者の手 七:速度低下デバフで、無効化されない限り必須級です。
傾奇者
瞬歩 七:速度強化バフです。剣豪傾奇者で行くならぜひ。。
生断 六:リジェネ阻害デバフです。リジェネ持ちのボスは多く、後半戦は必須級。
斧技・焦熱断 参:火剣豪をするなら是非。余裕ができたら心技体で育成を。
戦技・鎧砕打 壱:打デバフを入れつつ高火力の京スキル(別枠設定可)。火力向け。
弓術士
衰力呪 拾壱:物理弱体デバフ。拾壱まで上げれば真髄枠にも入れられます。
衰知呪 拾壱:火水風弱体デバフ。同上で、火力でも回復でも必要な機会は多いです。
詩歌:疾風幻想 参:参戦者全員を加速するバフ。ソロでもレイドでも有用。
 ただし、戦法変化であるため他の戦法変化と重複できない点に注意。
※低レベルの疾風を歌うのは味方の妨害になることがあります。
※胴符呪を入れてからが本番なのですが、胴符呪できるくらい召喚しているなら式姫のスキルがそれだけ鍛えられているわけで、主人公で歌う機会は激減しているかもしれません。
※それでも有用なスキルなので一応記述します。
まじない師
火焔旋風 六:火剣豪の副砲として。まじない師を使うなら攻撃術として。
蒼鷹旋風 壱:風属性の京術で、このスキルで敵を倒すとMPが回復します。
 職業制限があるため、まじない師を主副どちらかに組み入れるならぜひ。
巫女
中回復or天女の祈り 拾壱:術の真髄枠に。
天女の奇跡 七:全体回復は有用です。
扇技・護法障壁 六:団扇持ちの職業なら起用しておきたい。バリアを貼るスキル。
大回復 七:単体回復の鉄板。術枠が余っているなら火力でも起用できます。
明鏡止水 壱:敵視を下げる非常に優秀な特性です。
剣豪
頂門の一撃 伍:弱点属性を突いたときのダメージ増加特性。特性が少ない主人公ですし確保。
各種剣技:剣豪運用するなら。火・風・聖がよく使われています。
各種刻剣:剣豪の代名詞。同上。
#endregion
ID:
1721187
編集日時:
2018-02-12 08:05:42
ページ名:
かくり用
IPアドレス:
***.***.***.***
ホスト名
***
状態:
今すぐ通報
#br
莫大な時間と手間を代償に準最強装備が作れる、というコンテンツです。
火の妖光扇:火83/水風61/聖呪50
★鳥船紋扇:火水風70/聖呪64
★暴龍憤激扇:火水74/風82/聖63/呪70
薄紅ノ炎扇:火112/水0/風45/聖呪32 
ちなみに、今後船来産装備の価格が下落するようであれば、
鯖によって価値が異なるため一概に練磨武器が最高とは言えません。
船来≒極限≧鬼哭(大滝丸)>四神(アラハバキ・玉藻前・四神)≒四天(酒呑童子)>生産装備
四天:[[酒呑童子]]産の素材を用いた防具。成功率緩和とユーザー側のインフレで狩りやすくなった結果、2017年現在ではは値下がりが進行している。
繋ぎとして生産防具の最上位を用意しておけば十分間に合います。
#br
#br
基本的に他ページの内容と重複しています。
該当ページへのリンクを用意しますので、本格的に知りたい方はそちらへ飛んでください。
#region(''2018年初現在の金策事情'')
#endregion
#region(''2018年初時点の武器事情'')
八岐大蛇産・各種龍神産・通常生産系上位・最上祠産・黄泉産などが該当。
型落ちである八岐大蛇装備に需要があるのは、つまるところそれ以上の武器を入手するのが大変だからだと思います。
#endregion
#region(''繋ぎとしては使えるのか?'')
練磨武器は、莫大な時間と手間を代償に準最強装備が作れる、というコンテンツです。
火の妖光扇:火83/水風61/聖呪50 ※生産上位
★鳥船紋扇:火水風70/聖呪64 ※八岐大蛇
★暴龍憤激扇:火水74/風82/聖63/呪70 ※龍神系上位
薄紅ノ炎扇:火112/水0/風45/聖呪32 ※黄泉産
将来的な準最終クラスの装備を用意しつつ、繋ぎとしても使えるという点で練磨武器は優秀です。
ただし、将来的に船来産装備の価格が下落するようであれば、
鯖と時期によって価値が異なるため一概に練磨武器が最高とは言えません。
#endregion
#region(''2018年初時点の防具事情'')
船来≒極限≧鬼哭>四神・四天>生産装備
四天:[[酒呑童子]]産の素材を用いた防具。成功率緩和とユーザー側のインフレで狩りやすくなった結果、2018年初現在ではは値下がりが進行している。
繋ぎとして生産防具を適時用意しておけば十分間に合います。
#endregion
ゲーム内や各種掲示板等で「魂」って言われた場合は多分ここです。
#region(''符呪について'')
#endregion